【ドリームサッカースクール:森崎嘉之】失敗談から子供達に伝えたいこと

【ドリームサッカースクール:森崎嘉之】失敗談から子供達に伝えたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1479871288 15145274 1034778586647628 1573363079 o

本コーナーでは、現役のサッカー・フットサル指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもらいます。

日本には8000チーム以上の少年サッカーチームやスクールがあると言われています。更に、それと同等以上の数でサッカーの指導者が存在します。しかし、そういった指導者の実態は、各チームに所属してみないと分からないのが現状です。

そこで、マイボ!編集局がインタビューし、彼らの指導を明らかにしていきたいと思います。これにより、少年少女達のチーム選びや、日本のサッカー育成に貢献することが目的です。

今回は、千葉県千葉市のCREATIVO、八千代市のドリームサッカースクールの森崎嘉之さんにインタビューさせて頂きました。

CREATIVO、ドリームサッカースクール:森崎 嘉之さん

小学4年時よりサッカーを始める。中学時代に千葉県大会3位の成績を残し、名門市立船橋高校へ推薦で入学。1年生から試合に出始め、インターハイ準優勝を経験。2年生時には日本ユース代表候補に選出される。そして3年時に、全国高校サッカー選手権大会で優勝。同大会では8得点をあげ、大会得点王と優秀選手を同時受賞。日本高校選抜にも選ばれる。その後、ジェフユナイテッド市原に入団し、水戸ホーリーホック、横河電機でプレーした後に引退。中古車屋での仕事を経て、現在はサッカーの指導者として活躍。

ジュニアユースの方は
★CREATIVO★の紹介ページへ

ジュニアの方は
★ドリームサッカーチーム★の紹介ページへ

エースとして活躍していた小中学校時代

Q.中学校以前は、どのようにサッカーに取り組んでいましたか?

サッカーを始めたのは、小学校4年生の時です。兄がサッカーをやっていたので、自然と地元の少年団に入団しました。当時から、スポーツは全般的に得意だったので、サッカーもすぐに出来るようになり、チームではエースとして活躍していました。小学校卒業後は、地元中学校の部活動を選びました。というのも、当時はクラブチームが浸透しておらず、サッカーが盛んな千葉県であっても、主だったクラブチームは少なかったですね。そのため、特に悩むことなく部活動を選びました。強いチームではなかったのですが、1年生から試合に出させてもらって、3年生の時には千葉県で3位になりました。

Q.当時、森崎さんのポジションはどこだったのでしょうか

当時からFWをやっていました。身長も大きくて、中学1年生の時に3年生の先輩よりも大きいくらいでしたね。更に、足が速かったので、身体的な部分で苦労した経験はありませんでした。逆に、FW以外のポジションはやったことがないので、やれと言われても困ってしまうくらいです(笑)

Q.市立船橋高校に入りたいと思い始めたのはいつ頃でしょうか?

小学校の頃から、市立船橋高校には憧れていました。小学生の時から高校サッカーのファンで、よく試合を見に行ってました。高校サッカーを見ているうちに、有名な選手だけではなくて、名門と言われるような高校の存在も知りました。その時に、千葉県では市立船橋高校というサッカーの名門高校があると知り、当時から市立船橋高校でサッカーがやりたいなと思っていました。

Q.なるほど。それでは、中学時代の活躍を通して、憧れの市立船橋高校にスカウトされたのでしょうか?

それもあるのですが、別の理由もありました。私が中学校の時に所属していた部活動の監督が、市立船橋高校の布元監督の大学の先輩だったのです。そういう縁もあって、小学校から憧れていた市立船橋高校に入学することができました。今思えば、市立船橋高校とは強い縁があったように思います。

市立船橋高校時代に残した輝かしい実績

Semilarge rectangle 1479920144 15216249 1035058373286316 405743635 o

Q.市立船橋高校では、これまでのサッカーとのギャップを感じなかったのですか?

そこまで感じなかったというのが本音です。小学校・中学校とエースをやらせてもらっていて、高校でもその感覚のままでしたが、特に大きな変化は感じなかったです。自分が上手いとはそこまで思っていませんでしたが、このチームでならやれると私なりには思っていました。不思議と強豪校であるが故の挫折のようなものはありませんでしたね。

Q.市立船橋高校の布元監督とは、どのような関係だったのでしょうか?

全般的には、良好な関係だったと思います。チームの中では、私が最も近い関係で接することができていました。布さんと良好な関係になったきっかけは、厳しく怒られたことだったんですよ(笑)不思議なもので、怒られてからは腹を割って話せるようになり、高校卒業まで良好な関係のままいきましたね。

Q.市立船橋高校での実績を教えてください。

一年生の頃から少しずつ出られるようになり、インターンハイ準優勝の時には試合に出ていました。二年生の時は成績がふるわなかったのですが、日本ユース代表候補には選出されました。そして、三年生時の夏にベスト16、全国高校サッカー選手権大会では優勝と得点王いう経験をさせてもらいました。

メンバーが自然と作り上げた美しいサッカー

Q.当時の市立船橋高校は、全国大会を破竹の勢いで勝ち進んでいたので、苦労知らずで全国優勝したように見えます。

全国高校サッカー選手権大会優勝で有終の美を飾ったので、そのように思われますが、全国高校サッカー選手権大会に出るまでは、実はかなり苦労していました。県大会の決勝もPK戦でしたから、やっとの思いで掴んだ優勝だったんです。県大会は苦戦の連続でしたが、全国大会で勝ち進むにつれて、どんどんチームがまとまっていきましたね。

Q.当時の市立船橋高校のサッカーは華麗なサッカーでしたね。

よくそのように言われるのですが、特に意識してあのようなサッカーを実現したわけではありません。当時から、守備からのサッカーに変わりはなかったですよ。そのため、あのようなサッカーになったのは、当時のメンバーが自由にプレーした結果で、出来上がったものでした。

Q.全国高校サッカー選手権大会で得点王とられた時はヘディングでのゴールが多かったですが、ヘディングが得意だったのでしょうか?

いや、特にそんなことはないんですよ。プロになっても「ヘディングしかできないんでしょ?」みたいに思われていました(笑)私としては、タイミング的にヘディングでの得点が多くなっただけで、ヘディングが特に得意だったとは思っていないです。

モチベーションを維持することの難しかったプロ時代

Semilarge rectangle 1479871712 15183932 1034781573313996 693705653 o

Q.その後、ジェフユナイテッド市原に入団されていますが、入団を決めたのはいつ頃でしたか?

全国高校サッカー選手権大会に入る前から、ジェフユナイテッドと仮契約を結んでいたんですよ。というのも、全国高校サッカー選手権大会前は私にJリーグからオファーが来るか不安だったので、声を掛けてくれたジェフユナイテッドへの入団を全国高校サッカー選手権大会前に決めてしまいました。

Q.ジェフユナイテッドに入団してからはどうでしたか?

かなり大きなギャップを感じましたね。高校まではずっとエースとして活躍していたこともあり、割と自由にサッカーをやっていました。しかし、プロの舞台では、当然ながら皆抜群に上手いですし、自己主張が強い。高校を卒業したばかりの若さで、環境の違いにはかなり堪えましたね。これにより、サッカーへのモチベーションが下がってしまったのが、ジェフユナイテッドで活躍出来なかった原因だと思っています。

Q.そうなんですね。サッカーの実力だけではどうにもならない部分もあると

本当にそう思います。プロになるくらいの選手は、皆それなりの実力と自信を持っています。しかし、成功するのはプロの中でもごく一部。そこには、サッカーの実力以外の部分も大きく関わってくると思います。私と同じようにプロで通用しなかった選手の中には、「サッカーの実力だけなら負けてないのに」と思っている人はたくさんいると思います。それぐらい、プロで成功するのは難しいことなのだなと、今では思いますね。

Q.具体的にはどんな状況なのでしょうか?

例えば、練習中に先輩に「ボールを渡せ!」と言われた時なんかはそうです。自分としては、仕掛けたいと思っても、周囲から強いプレッシャーがかかると大半の選手はボールを渡してしまいます。しかし、それは自分のサッカーではないから、パフォーマンスもあがらないですし、思い通りにやれないストレスも溜まります。そこで、多くの選手が萎縮して、能力を発揮できなくなってしまいます。恐らく、トップまで上り詰める一流の選手は、そこで自分を表現して、逆に周囲を認めさせるようなプレーが出来るのでしょうね。

自分の失敗とサッカーから離れたからこそ見えてきた大切なこと

Semilarge rectangle 1479920144 15182402 1035057903286363 1351805666 o

Q.ジェフユナイテッド市原の次はどういったキャリアを選びましたか?

水戸ホーリーホックにいきました。その後、横河電機でサッカーをやり、横河電機がJFLに昇格したタイミングでサッカーを引退しました。小中高プロアマでやってきて最後にどこか燃え尽きてしまったんだと思います。もう一度プロの世界へとモチベーションがあがらなかったのも引退を決めた要因の一つだと思います。

Q.サッカー選手を引退した後は、何をされていましたか?

求人広告を見て、給料が良いなと思っただけの理由で、中古車屋で働きました。そんなきっかけで始めた仕事ですが、10年間続けました。その時は、完全に身も心もサッカーから離れていて、遊びでもサッカーをやることはなかったです。

Q.では、何をきっかけにサッカーに戻ったのでしょうか?

中古車屋の仕事は、自分の中でやり切ったという感覚がありました。そこで、次は何をしようかなと考えているタイミングで、小学校からの友人であり、高校の後輩でもある式田(元ジェフユナイテッド市原)からサッカークラブを立ち上げるという話をもらい、一緒にやろうという話になりました。サッカーから完全に離れている状態から、急にサッカーに囲まれた生活に戻ってきましたね。

Q.サッカーに戻った理由は何でしょうか?

やはり、サッカーに完全燃焼していないという気持ちがまだあったのだと思います。サッカーをやり切ったのであれば、サッカーに戻ることはなかったでしょうね。あと、子供達に私にしか伝えられないこともあるのかなと思っています。私は経歴の中で、天辺と底辺を両方とも見ることができました。自分では良い意味で「失敗例」だと思っています。そんな経験をした人は少ないと思うので、子供達に「失敗例」から教えられることがあるのではないかなと思っています。

Q.やはり、まずは高校サッカーを目指して指導しているのですね

そうですね。今でも、高校サッカーを目指す子供達は大勢います。その子達に、私の経験から伝えられることはたくさんあるのかなと思います。高校サッカーが素晴らしいものだと押し付けるようなことはせず、高校サッカーの良い点も悪い点も伝えた上で、子供達に判断基準を提供できればなと思っています。

Q.たしかに、森崎さんのように同年代のトップを経験した人にしか分からないことは大切ですね。

そうですね。私は、その子の成長のピークがどこにあるかという視点を大切にしています。私の場合、ピークは中学校だったと思っています。中学時代の遺産で高校もやってこれたような感じだと自分では思っています。これは、人それぞれタイミングが違うのですが、選手によっては、たまたま早熟だったことで勘違いをしてしまう場合も多いです。そういった選手達に、早熟だった私の経験から、伝えられることは多いのかなと思いますね。

Q.子供達に指導する上では、何を大切にしていますか?

「サッカーが楽しい」ということを大切にしてもらいたいです。これは、私が経験してきたことと逆になるのですが、縛りが多い環境でサッカーをすると、どうしてもサッカーがつまらないものになってしまいます。私は勝ち負けの世界で戦ってきましたが、結果的にそれだけになってしまいました。そういった経験をしてほしくないのです。まずは、「サッカーが楽しい」こと。これを大切に、子供達はサッカーと向き合ってほしいなと思っています。

Q.その指導方針だと、選手達が厳しい高校サッカーで苦労する可能性もあるのではないでしょうか?

当然そうなりますね。そのため、高校サッカーでは全く違う厳しい世界が待っているぞと伝えていますよ。それにも関わらず、自由なサッカーを教えているのは、そんな厳しい世界でも「サッカーが楽しい」という気持ちを持ち続けてほしいからです。私は、その気持ちを最後まで持ち続けられませんでしたが、選手達には持ち続けて欲しいと思います。そして、もし高校サッカーに馴染めなかったら、私が戻って来る場所としてサッカーチームを用意しておくことも選手達に約束しています。そこで、一緒に楽しいサッカーをやろうぜと言うと、選手達は気が楽になって高校サッカーに挑んでいきますね。

Q.選手とはどのように接していますか?

何より選手を尊重して接するようにしています。本人が何かやりたいことがあるなら、それを理解してあげた上で、幅を広げる方法を伝えるようにしています。試合中も、基本的には選手主体でプレーしてもらうことを大切にしていますね。時に、大声で叱りつける指導者もいますが、私としては違うかなと思います。指導者が叱りつけるような関係は、指導者が選手より上になってしまっているので、良好な関係は築けません。私は、指導者と選手は対等だと思っているので、常に同じ目線で考えるようにしています。それこそ、試合で選手がうまくいかないのであれば、それはその方法を伝えられていない指導者の責任だと思っています。大前提として、指導者が上から言うと選手は萎縮するだけなんです。私がそういう選手でしたから。そういった自分の選手経験から、今の指導スタイルに繋がってきています。

Q.なるほど。指導の中では具体的にどのようなことを教えていますか?

選手が「何をしたいか?」を大切に教えるようにしています。私の目から見ても、最近の子供達は本当に上手です。私が選手の頃よりも上手だと思いますよ。不思議なことに、それでも世界で抜群の結果を残すような日本人選手が出てこないのは、尖った才能を開花させてないからかなと思っています。最近の子供は皆、平均的に何でも出来ます。でも、誰にも負けない何かを持っているかというと、それは難しい。私は選手時代に「点をとるのが一番おもしろい」と思って、サッカーに取り組んできました。他のポジションは出来ませんが、FWだったら誰にも負けない思って結果を残してきました。それと同じように、子供達に「何がしたい?」というのを大切にしてほしいと思いますね。「体力で負けたくない」「センタリングのスペシャリストになりたい」なんでもいいです。選手の意志を尊重して、そこを大きく伸ばす指導を心がけています。

Q.今後は、どのようなことを目標に掲げていますか?

特に、大袈裟な目標は掲げていません。子供が好きで、尚且つ「サッカーが楽しい」ことを伝えたいので、今の環境でも充分に満足していますね。今後、指導者を続けていく上で、何か新しいことを見つけていく可能性はありますが、まずは目の前の子供達のために大切なことを伝えていきたいなと思います。

ジュニアユースの方は
★CREATIVO★の紹介ページへ

ジュニアの方は
★ドリームサッカーチーム★の紹介ページへ

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1448793143 %e3%83%ad%e3%82%b4%e9%95%b7%e6%96%b9%e5%bd%a2
  • マイボ運営事務局
  • それぞれの子供達に合った最適なクラブを提案すること、日本各地に点在する優秀な指導者を紹介すること、これらを目標にマイボ運営事務局はメディア運営していきます。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785150 article imasia 3336973 xl

    サッカークラブとサッカースクールの違いは何なの?

    まず、勘違いしてはいけないのが、どちらが上位でどちらが下位というものはありません。稀に、サッカークラブは...

    »続きを読む
  • Large square 1448785560 article imasia 2266122 l

    ゴールデンエイジ(9歳~12歳)にサッカーをやれば上手くなるは間違い?

    「ゴールデンエイジ」という言葉が日本でも広まって久しいですが、ゴールデンエイジをどのように捉えるかという...

    »続きを読む
  • Large square 1448786108 article special2

    ジュニア年代における個性の重要性【中村圭伸監督】

    ジュニア年代では、選手ではなくチームが評価される傾向がある。これは、日本サッカーの育成界における大きな問...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Maybo shop banner pc 9731a9ff45b513101d34db79ce44638c7e371d25f26a7749a7bdeee3bbb40779
Kamata lp 7f1b0cd93676221961c0620fddd88b8955e35b80587df6b21d1232f2f46edb9f
Miki 9d551ad92f3bb6633c1fcd5598ce3feedf3519bb8045e91013929c760a998726

TEAM COLUMN RANKING

チームコラム アクセスランキング

»一覧へ
Lega banner 9f3343b12ea7ce50c6a8ff504828d937d798078bfbcd3f5ae79e8ce0062d4270
Kurashinista 8f3b38ad4e2be9c7e0543b9a490018463c128d3ec3e6a75482ce90ad952f328d