ゴール型ゲームによる年代別の特性について(小学5、6年生編)【鎌田豊】

ゴール型ゲームによる年代別の特性について(小学5、6年生編)【鎌田豊】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1541088525 %e5%9b%b32

 U-12専属プロフィジカルコーチ鎌田氏が、前回は【ゴール型ゲームによる年代別の特性(魅力)について(小学3、4年生編)】のコラムを掲載しました。今回のコラムでは【ゴール型ゲームによる年代別の特性(魅力)について(小学5、6年生編)】をお伝えしていきます。

ボール運動系には大きく分けて『ゴール型ゲーム』、『ネット型ゲーム』、『ベースボール型ゲーム』の3つで構成されています。今回は『ゴール型ゲーム』に焦点を絞って、【ゴール型ゲームの特性(魅力)】を年代に応じてお伝えしていきます。年齢が上がるにつれて、ゲームの魅力は少しずつ変化・進化していきます。特性を理解し、ゴール型ゲームが好きな子供達をたくさん増やしていきましょう。『ゴール型ゲーム』の中にはサッカー、ハンドボール、バスケットボールがあります。
参考文献『小学校 学習指導要領』

【ゴール型ゲームによる年代別の特性(魅力)について(小学3、4年生編)】
(1)小1~小2:『ボールゲーム・鬼遊び』の特性(魅力)について
(2)小3~小4:『ゴール型ゲーム』の特性(魅力)について
(3)小5~小6:『ゴールゲーム』の特性(魅力)について

大切なのは競争することに楽しさや喜びを味わうこと!

Semilarge rectangle 1541088525 %e5%9b%b31

小学5、6年生では、攻撃側プレーヤー数が守備側プレーヤー数を上回る状態をつくり出したり、守備側のプレーを制限したりすることにより、攻撃しやすく、また得点が入りやすくなるような簡易化されたゲームができる年代です。この年代でおススメのスポーツは、攻守が入り交じって競い合う「フットサル」と「バスケットボール」です

ゲームでは、コート内で攻守が入り交じり、手や足などを使って攻防を組み立て、一定時間内に得点を競い合うことを課題とします。また子供達の習熟度や人数、運動能力に応じて、ルールや作戦を工夫して、集団対集団の攻防によって競争することに楽しさや喜びを味わえるように働きかけましょう。現代では外遊びが減少してきていますので、子供達同士で話し合いの時間を設け、独自のルールを設定させたり、チームの特徴に応じた作戦を立てさせたりすることはとても重要です。

強豪の小学生サッカーチームでは、以前バスケットボールの練習を週1で行っていると聞きました。バスケットボールでは空間認知が高まるだけでなく、3次元での戦術が実践できたり、少人数での攻防が繰り広げられたり、ボディコンタクトも楽しみながら行えます。フットサルも同様に、数的有利や数的不利での攻守を楽しみながら、学び合うことができます。特に、球技の醍醐味である【得点の喜び】は、すべての子供達に味わわせることが、今後スポーツを続けていく上で大切です。

小学5、6年生では、色んな「ゴールゲーム」をたくさんして、仲間とともに協力し、競争することの楽しさや喜びを味わわせながら、サッカーにつなげていきましょう!

ポジショニングの重要性

Semilarge rectangle 1541088525 %e5%9b%b33

最後に、2018年4月より『ボールを止める』『ボールを蹴る』に特化したクラス【ポゼッションクラス】を開設しました。試合でトラップやパスがうまくいかない子達を助け、試合でも自信をもってトラップやパスができるよう、良いポジショニングがとれるようトレーニングしていくことを目的にしています。

最近ではGKの足元の技術もとても重要視されてきていますので、GKの子供達も大募集です。【無料体験】は毎週金曜日18時から行っています。参加希望の方は体験申し込みから必要事項を入力し、コメント欄へ参加日をご記入ください。お待ちしております。

国分寺キッズアカデミー・ポゼッションクラス開設

対象:小学4年生~小学6年生
会場:フットサルパライーゾ国分寺 (国分寺駅徒歩8分)
定員:残り8名
ホームページ)
http://kokubunji-kidsacademy.com/pss_class/index.html

【国分寺キッズアカデミー 無料体験申し込みフォーム】
http://kokubunji-kidsacademy.com/ex_app/index.html

U-12専属プロフィジカルコーチ
鎌田 豊

役職)
・国分寺キッズアカデミー代表
・ワセダJFC代表兼監督
・国分寺市サッカー協会 技術部副部長
・東京都少年サッカー連盟10ブロック 技術部トレセンコーチ

資格)
・日本サッカー協会公認A級U-12コーチライセンス
・アジアサッカー連盟フィットネスライセンス Level1 (アジア初公認フィジカルコーチライセンス)
・認定スプリントコーチ(2018年度見込み)

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1452162678 %e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
  • 鎌田豊
  • 日本体育大学卒業後、単身ドイツへサッカーコーチ留学。帰国後、営業マンや中学、高校にて体育教師兼サッカー部監督を経て、サッカースクール・フィジカルクラス運営会社にて育成部長を務める。現在、ワセダJFCと国分寺キッズアカデミー『幼児低学年対象フィジカルクラス』にて代表兼監督。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785814 article s  14622758

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol2

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448786435 article s  14622760

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol1

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448785854 article special4

    指導者が思うサッカーの「楽しさ」とは【:崎野聡コーチ】

    各年代において「楽しさ」は不可欠な要素である。 「楽しさ」とは一体何を指すものか。「楽しさ」とは、...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加