頭の中|VIVAIO船橋SC

頭の中

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1539935757 %e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%9c210

頭の中。

ジュニア(小学生)は早い段階から頭の中へのアプローチは大切だと感じています。特に小学生年代には勝敗よりも頭の中と心の中に余白が出来ることを願って見守っています。

小学2年生の終わりから門をたたいてくれた選手で出会ったその段階からごく稀に頭の中に余白がある選手がいます。中学3年でも頭の中に、まだまだ余白を持てない選手もいます。

勝とうが負けようがベンチはそのような会話です。

中学生のゲームに負けたり引き分けたりして泣いたり、残念がったりするシーンを見かけます。いつから本県はこんな感じになってしまったのだろう?と残念に思います。

同学年なんか笑いながらプレーできるくらいにならねば高い先が見えてきません。頭の中に余白がない選手が2年後や数年後の15,16,17歳のピッチに立てるほど楽な競技ではないと感じるからです。

頭の中の余白をつくるのは簡単ではありません。時間をかけ沢山失敗しながら経験の中から少しずつという感じではないでしょうか。

選手やベンチが目先の現象に一喜一憂する環境や習慣の連続から、余白ができるとは思えません。

ベンチから選手に次のプレーの指示を出して選手がそれを忠実に守るような習慣から余白ができるとは思えません。

どうか選手たちは自分で考えてプレーをして欲しいです。

どうか、大人も選手も余白をもって関わってもらいたいです。

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1528430307 vivaio%e3%83%ad%e3%82%b4201
  • VIVAIO船橋SC
  • 学年別に異なる
  • 個人技主体
  • キーパーコーチ在籍
  • 『VIVAIO』とはイタリア語で『苗床』という意味です。田植えをする前に苗を育てる場。つまり『育成』という意味です。学年が上がるにつれてスポーツを続けない...

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785150 article imasia 3336973 xl

    サッカークラブとサッカースクールの違いは何なの?

    まず、勘違いしてはいけないのが、どちらが上位でどちらが下位というものはありません。稀に、サッカークラブは...

    »続きを読む
  • Large square 1448785929 article special3

    リスクを楽しむ【サッカー指導者専門家コラム:崎野コーチ】

    遊び心のあるプレーをする選手が少ない。子どもは好奇心に満ち溢れ「やってみたい」という心が先行するものだと...

    »続きを読む
  • Large square 1448785997 article %e7%9c%9f%e5%ae%9f%e6%94%b9

    「転ぶ時に手が出ない子が増えた」は何故か【崎野コーチ】

    今回はキッズについて書きたいと思います。キッズとは主に幼児期・3~5歳の子どもたちのことを指します。私は...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加