怪我に苦しんだ選手経験から学んだトレーニングの重要性

怪我に苦しんだ選手経験から学んだトレーニングの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1496366349 image1

皆さん始めまして!
SEPTEM BODY LABO代表の奥谷です。

私は現在、整体院やパーソナルトレーニングのジムを全国に4店舗、サッカースクール(FC.OXALA)を全国に12校、サッカーエクササイズSALETやヨガなどのエクササイズ事業も行っております。

https://www.septem-body-labo.com

今でこそ様々事業を展開する経営者ですが、僕自身も一人のサッカー選手でした。小・中学時代はセレッソ大阪ジュニアユースでプレーし、高校は静岡県立藤枝東高校でプロを目指しサッカーをしておりました。

経歴だけ見ると順調な経歴に見えるかもしれまえんが、内実は中学2年生の時に肉離れを経験し、そこから膝の靭帯損傷など様々な怪我を繰り返しました。

大学の途中でまた怪我をし、サッカー選手になる夢を諦めました。

SBLトレーニングの考案に至るまで

Semilarge rectangle 1496366349 image4

選手を引退した後、整体師になる為に全国のお店やタイ、ハワイなどにも修行に行きました。

そこで解剖学や様々な身体の勉強をする中で、僕自身の怪我の原因やリハビリ方法、ケアの仕方などが分かりました。

その時一番感じた事は、この知識をもっと早くに知っていれば、僕のサッカー人生はもっと長かったのではないかということでした。

それと同時に、小学生やジュニア世代からのトレーニングやケアなどの重要性も再確認することが出来ました。

そこで、パーソナルトレーナーと共同で『SBLトレーニング』を考案しました。

SBLトレーニングとは、ヨガやピラティス、体幹など様々な要素のトレーニングが入っており、関節の可動域を広げ、左右のバランス感覚を養い、全身の筋持久力をトレーニングしていくメソッドです。

ケガの予防、早期回復、機能的な身体作りに最適です。

これからこちらのコラムで、ジュニア世代を中心にしたトレーニングを配信していきたいと思います。

Semilarge rectangle 1496366349 image2

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1495864429 img 8921
  • 奥谷尚哉
  • 小、中学時代はセレッソ大阪Jr.ユースに所属し、高校は静岡県立藤枝東高校に進学。現在は、FC.OXALAサッカースクール・サッカーエクササイズSALET(サルエット)・SBL(整体院・パーソナルトレーニング)を運営。サッカーのトレーニング動画や体幹トレーニング、身体のケアなどの情報を発信していきます。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785814 article s  14622758

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol2

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448786435 article s  14622760

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol1

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448785854 article special4

    指導者が思うサッカーの「楽しさ」とは【:崎野聡コーチ】

    各年代において「楽しさ」は不可欠な要素である。 「楽しさ」とは一体何を指すものか。「楽しさ」とは、...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加