【ラモスフィールド:赤塚京介】真摯にサッカーと向き合うことの大切さ

【ラモスフィールド:赤塚京介】真摯にサッカーと向き合うことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1482306352 %e5%86%99%e7%9c%9f5

日本には8000以上の少年サッカーチームやスクールがあると言われています。更に、それと同等以上の数でサッカーの指導者が存在します。しかし、そういった指導者の実態は、各チームに所属してみないと分からないのが現状です。

そこで、マイボ!編集局がインタビューし、彼らの指導を明らかにしていきたいと思います。これにより、少年少女達のチーム・スクール選びや、日本のサッカー育成界に貢献することが目的です。

今回は、東京都江東区にあるラモスフィールドの赤塚京介さんにインタビューさせて頂きました。

ラモスフィールド:赤塚 京介コーチ

小学3年時に岩手県の少年団でサッカーを始める。中学校からは強豪クラブに所属し、県の選抜に選ばれるほどの力をつける。そして、中学2年時に強豪の遠野高校に声を掛けられ、寮生活をしながらサッカーに取り組む。そのまま遠野高校に進学し、1年生から試合に出始める。2年時は病気で1年間を棒に振るも、3年時には再びレギュラーに返り咲き、インターハイでベスト16の結果を残す。大学では名門の大阪商業大学に推薦で入学し、中心選手として活躍。そして、JFL昇格直前のFC大阪に入団した後、昇格後はブラジルに期限付きで移籍。ブラジル移籍終了後は、タイのプロチームに挑戦するも縁がなく、日本に帰国。FC大阪に戻ってプレーした後に、怪我の影響で引退。現在は、サッカーと真剣に向き合う姿勢を教えることを大切に、ラモスフィールドの指導者として奮闘中。

★ラモスフィールド★の紹介ページへ

くすぶっていたジュニア時代からサッカー名門校に入学するまで

Semilarge rectangle 1482306763 %e5%86%99%e7%9c%9f3

Q.サッカーを始めたのはいつですか?

小学校3年生の時に、地元(岩手県)の少年団で始めました。そのチームで、小学6年生まで所属していました。当時からFWをやらせてもらい、チームの中心選手として活躍しました。しかし、チーム自体が弱かったこともあり、大きな大会に出ることも出来ず、私にとって小学校時代はサッカーがあまりうまくいかなかった時代です。

Q.中学校からはどのようにサッカーに取り組みましたか?

小学校時代はくすぶっていたので、中学校からは本格的にサッカーをやろうと思って、強豪と言われるクラブチームに所属しました。そのチームには年代別の日本代表の選手がいて、その選手の存在は私にとっては大きかったですね。その選手から大きな刺激を受けて、負けないようにと懸命にサッカーに取り組んでいました。その甲斐もあってか、県の選抜にも呼ばれるようになってきました。

Q.高校ではどうだったのでしょうか?

中学2年生の時に、サッカーの名門校である遠野高校に声を掛けられ、高校入学前から寮生活でサッカーに取り組むことになりました。そして、そのまま推薦で遠野高校に入学しました。一年生の頃から途中出場ながら出られるようになったのですが、2年生の時に病気で1年間を棒に振ってしまいました。しかし、3年時にはカムバックし、レギュラーになることができました。そして、実績としては、インターハイでベスト16の結果を残すことが出来ました。

ギリギリのところで縁がなかったJリーグチームへの挑戦

Semilarge rectangle 1482306763 20161107192134

Q.その後の進路はどのように選びましたか?

大阪商業大学にサッカー推薦で入学しました。卒業前は、Jリーグのオファーが来るかどうかのギリギリのラインにいたので、それを待っていました。しかし、オファーは来なかったので、その時に声を掛けてくれていた大阪商業大学に進むことを決めました。

Q.大阪商業大学でのサッカーはどうでしたか?

大阪商業大学は多くのタイトルを獲得してきた名門チームですが、当時はそこまで強くなかったです。私自身は関西選抜にも選ばれることが出来ましたが、内心はもっと強いチームでやりたいなという思いは抱えていました。

Q.大学卒業前もJリーグに挑戦したのですか?

練習参加の形でいくつかのJリーグに挑戦しました。しかし、結果は駄目でした。そのため、当時は大阪の地域リーグで活動していたFC大阪への入団を決めました。

サッカー人生を賭けて挑戦したブラジル移籍

Semilarge rectangle 1482306763 %e5%86%99%e7%9c%9f1

Q. FC大阪はJFLへの昇格を目指すチームだったんですね。

そうですね。所属して1年目で、見事にJFLに昇格しました。そんなチームの盛り上がりとは裏腹に、私はそのタイミングでブラジルへの期限付き移籍を決めました。移籍を決めたきっかけは、ブラジル人の代理人がFC大阪にたまたま来たタイミングで、私のことを評価してくれて誘われたことです。当時は、FC大阪でもまだ試合に出ることができていなかったので、挑戦する良い機会だと思いました。

Q.ブラジルではカルチャーショックのようなものはありましたか?

特にないですね。ブラジル人は厳しいボディコンタクトが普通ですが、そういったものはFC大阪にいるブラジル人選手とプレーする中で経験済だったので、大きな違和感はなかったです。カルチャーショックよりも、ブラジル人から学ぶことの方が多かったように思います。彼らにとっては、「サッカー=家族を養う手段」ですから、サッカーに向き合う姿勢が日本人選手とは全く違いました。そういったハングリーな精神は、私がサッカーと関わっていく上では大事なものになりました。

Q.ブラジルへの期限付移籍の後は、どのような進路を選びましたか?

タイに行きました。元々、私は海外サッカー志向が強かったので、海外で勝負しようと思いました。中学2年生の時に、三浦知良選手のテレビ番組を見てから、いつかは海外でやりたいとずっと思っていたのです。そのため、ブラジルの期限付移籍の後に、その足でタイに入国し、セレクションを受けました。しかし、残念ながらタイのチームとは縁がなかったので、日本に帰国しました。

選手引退、そして指導者へ

Semilarge rectangle 1482306763 %e5%86%99%e7%9c%9f2

Q. FC大阪に戻られてからはどうでしたか?

戻ってからは試合に出られるようになってきました。しかし、帰国してから半年たってから怪我をしてしまったので、そこで引退を決意しました。

Q.怪我からカムバックしようとは思わなかったのでしょうか?

そうですね。気持ちとしては、怪我から復帰する気持ちよりも、そのまま引退しようという気持ちの方が強かったです。というのも、海外に挑戦した時点で、私の中ではラストチャンスという気持ちを持っていました。そして、ブラジルとタイでの海外挑戦を終えた時点で、もうここまでかなと思っていたのです。しかし、そんな時に有難いことに当時のチームの先輩であった近藤岳登選手が引退を引き止めてくれたので、もう少し頑張ってみようと思ってFC大阪で現役を続けました。それでも気持ちは完全に戻っていない上、怪我をしてしまったので、そのタイミングで引退しようと思いました。

Q.引退後は何をされていたのでしょうか?

大阪商業大学サッカー部のコーチと、小学生対象のスクールのコーチを務めていました。

Q.スクールではどのようなことを教えていましたか?

スクールでは、サッカーのテクニックを教えるのは当然として、挨拶を徹底しました。これは、単純に挨拶を出来れば良いという意味ではなく、真剣にサッカーと向き合うことの大切さを教えたくて、そのように指導していました。

Q.サッカーと真剣に向き合う姿勢の重要性はどこで学びましたか?

FC大阪です。FC大阪では、監督を始めとして選手一同が本当に真剣に試合に取り組んでいました。日本代表やJリーグで活躍されていた方もいたのですが、そんな方でもおごることなく真剣にサッカーに取り組んでいる姿勢を見て、サッカーとの向き合い方を学びました。もしかしたら、多くの方はサッカー選手があまり練習しないイメージを持っているかもしれませんが、FC大阪はかなり練習量が多かったです。例えば、練習が9時からなら、7時からトレーナーと練習する選手が多かったですね。

Q.大阪でコーチを務めた後はどのような進路を選ばれましたか?

大阪では1年間コーチを務めた後、縁があってラモスフィールドに誘ってもらえたので、こちらに来ることになりました。

自身が目指す指導者像とラモスフィールドの方向性

Semilarge rectangle 1482306763 %e5%86%99%e7%9c%9f4

Q.目指している指導者像を教えてください

私の指導者としての目標は、高校時代と大学時代のコーチです。高校時代の海上誠氏は、選手の事を思うところを尊敬していました。普段は厳しいのですが、厳しく指導した後にしっかりとフォローを入れてくれるので、チーム全体のモチベーションが常に高く保たれていたように思います。大阪商業大学の総監督である上田亮三郎氏は、勝負に対する姿勢を尊敬しています。その総監督も大変厳しい方だったのですが、部員が皆総監督を信頼しているので、厳しい練習にもついていっていたように思います。こういったように、サッカーと真剣に厳しく向き合いつつも、人間的な信頼関係は重視する指導者になりたいと考えています。

Q.最近の子供のサッカーは、赤塚さんから見てどのように見えますか?

私が選手だった頃と比べても、今の子の方が上手だと思います。これには、色んな原因があると思うのですが、指導の質が上がっていったり、質の高いプレーをテレビなどで見たりしているからだと思います。それだけ可能性のある選手達に、先にお伝えしたようなサッカーと向き合う姿勢を教えることで、子供達が大きく成長するきっかけを与えられればなと考えています。

Q.ラモスフィールドの方向性について教えてください

ラモスフィールドでは、大きく分けて2つのクラスがあります。クラス別に異なる目標を掲げています。1つは一般のクラス。こちらは、純粋にサッカーが楽しいことを教えたり、技術向上を教えたりすることを主な目的としています。もう1つが強化クラス。こちらは、Jリーグの下部組織など強豪チームに輩出することを目指しています。私の目から見ても、将来はJリーガーになれるんじゃないかという選手も多くいるので、今後の子供たちの活躍が楽しみです。

インタビューに共感した方は、

★ラモスフィールド★の紹介ページへ

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1448793143 %e3%83%ad%e3%82%b4%e9%95%b7%e6%96%b9%e5%bd%a2
  • マイボ運営事務局
  • それぞれの子供達に合った最適なクラブを提案すること、日本各地に点在する優秀な指導者を紹介すること、これらを目標にマイボ運営事務局はメディア運営していきます。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785150 article imasia 3336973 xl

    サッカークラブとサッカースクールの違いは何なの?

    まず、勘違いしてはいけないのが、どちらが上位でどちらが下位というものはありません。稀に、サッカークラブは...

    »続きを読む
  • Large square 1448785929 article special3

    リスクを楽しむ【サッカー指導者専門家コラム:崎野コーチ】

    遊び心のあるプレーをする選手が少ない。子どもは好奇心に満ち溢れ「やってみたい」という心が先行するものだと...

    »続きを読む
  • Large square 1448785997 article %e7%9c%9f%e5%ae%9f%e6%94%b9

    「転ぶ時に手が出ない子が増えた」は何故か【崎野コーチ】

    今回はキッズについて書きたいと思います。キッズとは主に幼児期・3~5歳の子どもたちのことを指します。私は...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
Maybo shop banner pc 9731a9ff45b513101d34db79ce44638c7e371d25f26a7749a7bdeee3bbb40779
Kamata lp 7f1b0cd93676221961c0620fddd88b8955e35b80587df6b21d1232f2f46edb9f
Miki 9d551ad92f3bb6633c1fcd5598ce3feedf3519bb8045e91013929c760a998726

TEAM COLUMN RANKING

チームコラム アクセスランキング

»一覧へ
Lega banner 9f3343b12ea7ce50c6a8ff504828d937d798078bfbcd3f5ae79e8ce0062d4270
Kurashinista 8f3b38ad4e2be9c7e0543b9a490018463c128d3ec3e6a75482ce90ad952f328d