昔は存在した「サッカー小僧」や「サッカー娘」【三木利章コラムvol12】

昔は存在した「サッカー小僧」や「サッカー娘」【三木利章コラムvol12】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1475202127 14446336 1857227591167624 424405537 o

自分が担当している女子チームの試合で送迎場所に行くと、ある選手がボールを蹴っていた。それは女子チームの選手でなく、自分が担当している男子チームの選手だった。かなり朝早かったのもあり、

『何してるん?』

『集合時間前に来てボール蹴ろうと思ったんで〜』

って。

そう言えば幼稚園から関わらせてもらってる選手に抜群にキックが巧い選手が居る。その選手が『公園の壁に排水溝の穴があって、そこに当たるまで帰らへんって決めてんねん。昨日は2時間かかったわ〜』って先週に笑いながら話ていたのを思い出した。以前のチームでは2〜3ヶ月でボールがボロボロになっている選手が居た事を思い出した。今の選手たちはボールの質が上がったからだとしても、そんな選手は稀な気がするし、見当たらない。

自主性や主体性の意味

Semilarge rectangle 1475202127 14445507 1857226311167752 1894187373 n

自分がいま担当しているチームにそういう選手は一体何人居るだろうか…?チームのトレーニング時以外に、たまにやるは居ても、毎日自分からボールを蹴っている選手はほとんど居ないかじゃないかな…って気がする。

そもそも自主練って言葉すら、サッカー小僧やサッカー娘?って言われる人達にとったら当てはまらない気がする。蹴りたいから蹴ってるだけだろうし、遊びだろうし、練習なんて思ってないだろう。自分の親に連れて行かれて?やる自主練は形としては自主練でも本質的には意味合いは違うだろう。

また、自主性と主体性の言葉の意味を知っているだろうか?

『自主性』
他人からの干渉や保護を受けず、独立してことを行うこと。「やるべきこと」は明確になっていて、 その行動を人に言われる前に率先して自らやること。

『主体性』
何をやるかは決まっていない状況でも自分で考えて、判断し行動すること。「目的は何かを徹底して明確にし、それを満たすために何をするかを自分で考えリスクを承知で行動すること。

自己ベストの更新

Semilarge rectangle 1475202079 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 09 30 11.15.11

知っている事・決められた事をノルマ的に繰り返す自主練よりも、今の自分に何が必要か?どうやればそれは養えるのか?今ある環境で何が出来るか?など、自分で考え・発想して自ら取り組む『主体練』(造語)が本当は大切なんだろう。『教わったモノは他人のモノ。掴んだモノは自分のモノ』という言葉を何かの本で読んだ。自ら欲する気持ちと『自分を知る』事が必要な要素であり源であると思う。

勝った負けた、優勝、トレセン… 色々あるけど他人と比べてる人間より、今の自分に勝つ・乗り越え様と『自己ベスト更新』を目指す事が大切なんだろう。たまにやるのはやる気じゃない。毎日コツコツとやりたいからやってる人間が最強なんだろうなとつくづく思う。それもあり、自分が担当している選手には下記言葉を常々伝えている。

『想いを行動に!』

『継続する強さと勇気を!』

全てのトレーニングを自由参加にしたら、果たしてどうなるのかな?行かないと試合に出れなくなるから…とか、保護者に叱られるからを無しにしたとして。与えられているモノか自ら欲するモノなのか。サッカーが自分にとってどういうモノなのかも各自のモノだから自由であって良い。でも、自由と自分勝手の違いを理解している上での話ではあるけど。

なぜサッカーなのか?

Semilarge rectangle 1475202079 14424162 1857227824500934 1984248116 o

心技体…心が1番先にある。想いの強さや重ねてきた日常がプレーに現れているなと本当に思う。全ては日常、義務感・やらされ感でやっているモノには限界があるわけだから。

サッカーは習い事なのかやりたい事なのか?目標や夢があるかないか?ライクなのかラブなのか?義務か自由か?個人スポーツでなく、なぜサッカーなのか?全ては自分の意思を意志を持っているかいないかであり、当たり前ながら自分事であるからこそ自分次第という言葉があてはまる。サッカーは自分のモノであり、自分の為にやって欲しいと強く想う。

プロサッカーコーチ三木利章さんに興味をお持ちの方は、オフィシャルサイトもご覧ください。

プロサッカーコーチ三木利章オフィシャルサイト

Semilarge rectangle 1475202266 14446336 1857227591167624 424405537 o

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1450631773 %e7%84%a1%e9%a1%8c
  • 三木利章
  • 大阪YMCA社会体育専門学校 卒業後、約20年間 少年サッカーの指導に携わる。2009年〜2015年まで兵庫県 ACアスロン監督を勤める。現在は、プロコーチとして新たなキャリアの道へ。『リガール ドリスク』サッカースクールを開催している。(http://ligar-football.com/)

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785814 article s  14622758

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol2

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448785745 article news3

    8人制サッカー移行により生まれたメリット・デメリット

    少年少女サッカー選手の保護者であればご存知とは思いますが、2011年より全日本少年サッカー大会に8人制サ...

    »続きを読む
  • Large square 1448786435 article s  14622760

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol1

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加