【Cieloサッカースクール:岡野俊彦、當麻幸治】サッカーの普及のために

【Cieloサッカースクール:岡野俊彦、當麻幸治】サッカーの普及のために

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1474775154 s  7495704

本コーナーでは、現役のサッカーの指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもらいます。

日本には8000チーム以上の少年サッカーチームやスクールがあると言われています。更に、それと同等以上の数でサッカーの指導者が存在します。しかし、そういった指導者の実態は、各チームに所属してみないと分からないのが現状です。

そこで、マイボ!編集局がインタビューし、彼らの指導を明らかにしていきたいと思います。これにより、少年少女達のチーム選びや、日本のサッカー育成に貢献することが目的です。

今回は、千葉県柏市にあるCielo(シエロ)サッカースクールの岡野 俊彦代表と當麻 幸治コーチにインタビューさせて頂きました。

Cielo(シエロ)サッカースクール:岡野 俊彦 代表

幼稚園より地元のサッカースクールでサッカーを始める。小学校卒業までは、サッカーよりもテニスに夢中になり、関東大会出場などの実績を残す。中学校からサッカーに専念したところ、名門・流通経済大学付属柏高校(以下、流経)の監督の目に留まる。その後、流経に入学し、同期や先輩・後輩に後のJリーガーがいる環境でサッカーに没頭し、トップチームへの昇格も果たす。4年制の大学を卒業した後は、サラリーマン、サッカービジネスの専門学校を経て、フットサルコートの店長及びCielo(シエロ)サッカースクールの経営者になる。充実した指導体制と、スポーツ選手のセカンドキャリア支援を掲げて、Cielo(シエロ)サッカースクールの発展に奮闘中。

Cielo(シエロ)サッカースクール:當麻 幸治 コーチ

幼稚園よりサッカーを始め、小学校からは地元の少年団でプレー。中学校からは、サッカー部で活躍。高校生との練習試合で流経の監督の目に留まる。流経が強化される過渡期の中で必死に練習を重ね、トップチームも経験。高校卒業後は、建築の専門学校、大学への編入を経て、お笑い芸人への道を進む。アルバイトをしながらお笑い芸人を目指す中、岡野代表に声を掛けられサッカーの指導者を始める。その後は、サッカーの指導者に専念し、今に至る。

幼稚園からサッカーを始め、名門と出会うまで

Semilarge rectangle 1474775477 13879438 807286926081051 5984337415341670848 n

Q.サッカーはいつから始めましたか?

<岡野>
幼稚園の時に始めました。地元のサッカースクールに所属していました。始めたのは早かったのですが、小学校を卒業するまではサッカーにそこまでのめり込んでいませんでした。どちらかというと、テニスを中心にやっていて、サッカーは週1回通う程度でしたね。

<當麻>
私も幼稚園から始めました。そこでは、サッカースクールに所属していて、小学校からは少年団に加入しました。そして、小学校卒業前にはジュニアユースのクラブチームのセレクションに合格しましたが、親の反対もあり断念しました。

Q.テニスに夢中になっていた岡野さんが、サッカーに転向した理由は何だったのでしょうか?

<岡野>
テニスを中心にやってきて、それなりに上達しました。関東大会まで進むことが出来たのですが、そこで外国人の女の子と試合をする機会がありました。そこで、完敗した時に、もうテニスは辞めようと思いました(笑)これまで本気でやってきたのに、どうしても敵わない相手がいるということと、それが女子の選手だったというのが、小学生ながらにプライドを傷つけられ、辞めることを決意しました。

Q.中学校でサッカー部に入っていたからどうでしたか?

<岡野>
特に実績はなかったです。時期的にはちょうど流通経済大学付属柏高等学校(以下、流経)が本腰を入れてサッカーを強化する直前のタイミングだったのもあり、実績自体は特にない私でも流経に推薦で入学することができました。

<當麻>
先ほどお伝えしたように、親の反対で泣く泣く地元の中学校のサッカー部に入部しました。しかし、偶然にも私と同じように親の反対でジュニアユースのクラブに入れなかった選手が集まり、サッカー部では恵まれた仲間と一緒にプレーすることが出来ました。そこまで結果は出なかったのですが、高校生との練習試合の時に、運良く流経の監督に目が留まり、推薦で入学することができました。

谷間世代と言われても、努力でトップに昇格した選手時代

Semilarge rectangle 1474775477 12919877 733951466747931 721489292354039780 n

Q.流経での練習やプレイはどのようなものでしょうか?

<岡野>
とにかく練習して、とにかく走っていました。特に私達の代は谷間のような世代でした。というのも、本田監督が流経に来る前の世代なので、本田監督が選んだ選手ではなかったのです。そのため、僕らもどんどん強化されていくサッカー部に何とか食いつこうと必死で練習していました。

<當麻>
本当に泥臭くサッカーをやっていて、前線ではキーパーを追い回していました。時には、キーパーのクリアボールを顔面で跳ね返してゴールを決めたりしていましたよ(笑)合宿でも、基本はサッカーボールを持ち込ませてもらえませんでした。僕らも奇跡を願ってサッカーボールをバスの横に置いておくのですが、そのボールはバスに積み込まれることはありませんでした(笑)そして、合宿では朝から晩まで走っていました。

Q.全国を目指すサッカー部に様変わりしていく過渡期に苦労はなかったのですか?

<岡野>
入部当初は、正直なところ全国を明確に目指すほどの意識はありませんでした。しかし、本田先生とお会いした瞬間に、明確に「全国」という言葉を言われて、電撃が走りました。これまで甘い気持ちでやってきた自分を、そこから一気にマインドチェンジしました。身の丈に合わないサッカーだったのかもしれませんが、高みを目指してサッカーするのは楽しかったですね。更に、本田先生やコーチの方々が、人として尊敬できたので、一緒についていこうと覚悟を決めてサッカーをやりました。

Q.大変な努力をされたんですね。そんなに強化スピードが凄かったのですか?

<岡野>
僕らも何とかトップチームの試合には出られるようになりました。当時は、本当にサッカー部強化の真っ最中ですから、私達がどんなに上手くなっても、どんどん後輩に有力な選手が入ってきたので大変でしたね。それこそ、今もJリーグで活躍している選手達とポジション争いをするような状況でした。

<當麻>
後輩も、入部当初は中学生っぽさを引きずっているんですよね。なので、これは抜かされないかな?なんて思っていると、夏を越えた頃から体も出来始めて、どんどん追い抜いていかれました。それくらい、当時の流経の強化スピードは凄まじいものがありました。

サッカーに燃え尽きた後にとったそれぞれの選択

Semilarge rectangle 1474775659 13239251 760153487461062 1272591908621711263 n

Q.高校卒業後の進路はどのようなものでしたか?

<岡野>
私はそのまま付属の大学に進みました。しかし、サッカー部には入部しませんでした。その理由は、流経でトップレベルでサッカーをやらせてもらったからこそ、どうしても越えられない差を自覚してしまったからです。普通の大学生活を送りながら、地域の社会人サッカーでプレーをする程度でしたね。

<當麻>
私も同じようにプロを目指すことが難しいと感じ、大学進学ではなく建築関係の専門学校を選びました。通常は2年で卒業して建築関係の仕事に就いていくのですが、私は周りの友人が大学生だった影響もあり、建築だけではなくもっと自分の幅を広げようと思いました。最初は勉強して大学に編入学したのですが、どこで何を間違えたのか大学を中退してお笑い芸人になっていました(笑)

Q.當麻さんの経歴はおもしろいですね(笑)どういった経緯でお笑い芸人からサッカーのコーチになったのですか?

<當麻>
私は大手芸能事務所に所属していまして、同期に今も活躍している芸人が数多くいました。しかし、私は売れない芸人だったので、アルバイトをしないと生活が成り立ちません。そのため、アルバイトをしながら活動をしていました。そんな時に、フットサル場の運営をしていた岡野に声を掛けられて、アルバイトとしてサッカーのコーチを務めるようになったのがきっかけです。

Cielo(シエロ)サッカースクールの創設と大切にしている信念

Semilarge rectangle 1474775659 941339 733951883414556 8288033195965165784 n

Q.岡野さんは大学卒業後どのような進路に進みましたか?

<岡野>
私は大学を卒業して、サラリーマンを経験した後、サッカービジネスの専門学校に入学しました。そんな時に、知り合いから柏のフットサルコートの店長を探しているという話があり、これは運命だなと思ってその話に手を挙げました。そして、助っ人として當麻を呼んで、一緒にそのフットサルコートを盛り上げていこうと取り組んでいました。

Q.なるほど。フットサルコートの運営は順調だったのでしょうか?

<岡野>
最初は、地域住民から反対を受けているようなフットサルコートでした。そのため、売上は芳しくなく、恵まれた状況では決してありませんでした。そこから、私個人の柏でのサッカー関連のコネクションを駆使して、フットサルコートを盛り上げていきました。そして、何よりも多くのお客様のご協力のお陰で、経営を再建することが出来ました。

Q.Cielo(シエロ)サッカースクールはどのタイミングで創設されたのですか?

<岡野>
フットサルコートの店長を始めた直後からですね。そこから徐々に人数が増えていき、フットサルコートの運営からCielo(シエロ)サッカースクール一本に絞るまで間に130人くらいの子供が入ってくれるまでになりました。

Q.サッカースクールの運営は非常に難しいと思いますが、どのような苦労がありましたか?

<岡野>
最も大変だったのは、その店長を務めていたフットサルコートから出なくてはならなかった時ですね。練習場が変わるというのは、スクールにとって大打撃です。当時は、Cielo(シエロ)サッカースクールが倒産することも覚悟していました。しかし、有難いことに、流経の好意などもあり、新しくグランドを確保できるようになり、何とか危機を脱することができました。流経の方々には本当に感謝していますね。

Q.サッカークラブではなくサッカースクールを選んだ理由は何なのでしょうか?

<岡野>
それにはいくつか理由があります。まず、小学生にとって勝ち負けはもちろん大切ですが、試合や大会ではそれを求めない方が良いと考えているからです。そのため、指導の中では、純粋に普段トレーニングしていることに挑戦できる環境を大切にしています。次に、柏という地域は柏レイソルの影響もあり、サッカー人口の多い地域です。街がJリーグのホームタウンであることは非常に幸運なことであり、柏レイソルには感謝しております。ただ、サッカー人口が多いからこそ、クラブチームや少年団がひしめきあっているのも事実です。そこで、それほどまでに小学生のサッカー人口が多いのもまた事実なのであれば、そこに垣根や制限を設けず、全ての小学生にCieloのトレーニングを経験してもらえる場を作りたかったのです。その為には、選手登録を行わないサッカースクールという事業体が最適であるという結果に至りました。そして、この地域でこのCieloの信念を実現することが、1つのモデルケースとなり、最終的に日本全国への展開へと繋がっていくのではと考えています。最後に、人を選ばずに誰でも入会できる組織にしたかったのです。私の大きな目標として、日本全国の小学生に対して均等な指導を提供するという信念を持っていたので、それを実現するのはスクールかなと思っていました。

Q.シエロでの指導の特徴はどのようなものがありますか?

<岡野>
サッカーノートを通じた指導には力を入れています。子供達が自分で約束事を作って、それを自分で守っていくというのを徹底しています。これは、サッカーに関するものだけではなくて、例えば人に「ありがとう」と伝えることも、サッカーノートを通じてできるようになってもらうようにしています。これは、生徒だけではなく、保護者との連絡ツールとしても効果的に活用しています。こういったサッカーノートは、昔からありますが、小学生に対して徹底して書くように指導しているのは珍しいと思います。

Q.Cielo(シエロ)サッカースクールの生徒が増え続けているのは、どのような要因がありますか?

<岡野>
指導体制の充実なのかなと思っています。スクールによっては、コーチの人員不足で1人のコーチが1つのクラスを担当しているところもあります。私たちは、7〜8人に対して1人のコーチという体制でやっています。これにより、当然ながら人件費は嵩んでしまうのですが、私達のポリシーとしてそのようにしています。生徒にとってはサッカーの全てがCielo(シエロ)サッカースクールだったりします。スクールでサッカーを嫌いになってしまうと、サッカーそのものを辞めてしまう危険性があります。それこそ、その子の人生を変える可能性がある立場がコーチなんだよということを、コーチには伝えるようにしています。

<當麻>
その他で、Cielo(シエロ)サッカースクールに入会する時に多い理由は、口コミによるものが多いです。お陰様で、無料体験にご参加頂いたほとんどのお子様から「楽しかった」「また来たい」と言って頂いています。また、保護者様からも同様のお声を頂いたり、ご友人などに勧めて頂いたりしていることが、大きな要因となっており、本当に皆様には大変感謝しております。

Q.現場での指導はどのようなことを心掛けていますか?

<當麻>
「〜をやれ!」みたいな言い方は絶対にしないようにしています。やはり、子供達は伸び伸びとプレーをすると、僕らの想像を遥かに越えたプレーをしてくれます。そのため、常に、子供達の短所ではなく、長所を探し続けています。そして、根底では「サッカーが好きだ」と子供が言ってくれることを第一に考えていますね。

日本にもっとサッカーを普及させるために出来ることとセカンドキャリア支援

Semilarge rectangle 1474775659 12400992 733954793414265 4814917144465493101 n  1

Q.Cielo(シエロ)サッカースクールを今後はどのように展開させていきたいですか?

<岡野>
今後は、柏以外のエリアにもCielo(シエロ)サッカースクールを広げていきたいという気持ちはあります。しかし、そこは非常に慎重に考えています。一気に広げて指導体制が薄くなっても駄目ですし、エリアによってサッカーが違うので、その地域に根ざしたサッカーを教えられるようなスクールとして全国に広げていきたいです。何よりも、「サッカーを普及する」ことを最も大切にして、展開していければなと考えています。

Q.今後、岡野さん自身はどのような目標を掲げていますか?

<岡野>
先ほど、お伝えしたようにまずはCielo(シエロ)サッカースクールをより発展させていくことです。あとは、サッカー選手のセカンドキャリア支援も視野に入れています。私は高校時代から、将来有望な選手を本当にたくさん見てきました。一方で、彼らがその後に挫折し、サッカーと関係ないことをしている姿も見てきました。私としては、選手として羨望の眼差しで見ていた人達が、満足しない仕事に就いている姿は、本当に残念です。彼らのためにも、再び輝ける場所として、Cielo(シエロ)サッカースクールという組織を提供できるようになればなと考えています。

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1448793143 %e3%83%ad%e3%82%b4%e9%95%b7%e6%96%b9%e5%bd%a2
  • マイボ運営事務局
  • それぞれの子供達に合った最適なクラブを提案すること、日本各地に点在する優秀な指導者を紹介すること、これらを目標にマイボ運営事務局はメディア運営していきます。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785814 article s  14622758

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol2

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448785745 article news3

    8人制サッカー移行により生まれたメリット・デメリット

    少年少女サッカー選手の保護者であればご存知とは思いますが、2011年より全日本少年サッカー大会に8人制サ...

    »続きを読む
  • Large square 1448786435 article s  14622760

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol1

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加