サッカー・ジュニア世代における春生まれ(4月・5月・6月)の圧倒的優位性

サッカー・ジュニア世代における春生まれ(4月・5月・6月)の圧倒的優位性

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1465452451 %e5%89%b2%e3%82%8a%e3%81%82%e5%90%88

上図が前回記事でもご紹介したU-23の誕生月割合です。ここでは、春生まれ(4月・5月・6月)の優位性が、明らかな傾向として見て取れました。また、年次が下がるにつれて、春生まれ(4月・5月・6月)の優位性が強くなっていたので、ジュニア世代ではどのような結果になるのかを検証したのが、今回のテーマとなります。

一般的な誕生月の分布

Semilarge rectangle 1465452451 %e5%85%a8%e4%bd%93

前回記事でもご紹介しましたが、上図が一般的な誕生月の分布です。このデータを見る限り、極端な偏りはありません。それを前提として、現J1チームで、尚且つ下部組織であるジュニア世代の誕生月を公表しているチームのうち、3チームをピックアップして検証しました。

*データは全て2016年5月時点

J1上位常連チームA(関東)

Semilarge rectangle 1465452451 %e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%ba

J1チームの中でも、古豪と言える名門チームです。

棒グラフも円グラフも極端なほどに、春生まれ(4月・5月・6月)に偏りました。春夏生まれ(4月~9月)まで含めるとなんと全体の75%以上になります。

J1上位常連チームB(関東)

Semilarge rectangle 1465454058 %e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%ab

優勝経験もある強豪チームです。

こちらも大きな差が出ました。春生まれ(4月・5月・6月)だけでも全体の63%を占めています。春夏生まれ(4月~9月)になると、なんと全体の80%となっています。ここまで来ると、傾向というより確実に春生まれ(4月・5月・6月)が優位性を持っていると言えそうです。

J1上位常連チームC(関東)

Semilarge rectangle 1465454058 %e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3

常にJ1順位が上位にある強豪チームです。

こちらも、春生まれ(4月・5月・6月)が62%を占めていて、春夏生まれ(4月~9月)は全体の79%を占めています。

興味深いのは、春生まれ(4月・5月・6月)に優位性があるのは間違いありませんが、春生まれ(4月・5月・6月)の中でも、4月>5月>6月とは明確に表れていない点です。これについては、サンプル数が少ない関係で、無闇な考察は避けますが、もしかしたら生まれた季節による特性などももしかしたらあるのかもしれません。

これらのデータから分かること

以上の3チームでは、驚くほど顕著なデータとなりました。

上記3チームは、J1チームの下部組織であるジュニア世代を全て調べた上で、顕著なデータをピックアップしたわけではなく、誕生月を公表しているチームを3チームだけ選んでデータ化したものです。そのため、他チームを調べても類似したデータになっている可能性が高いです。

前回記事の記事で、「年次が下がれば春生まれ(4月・5月・6月)の優位性が顕著になる」という仮説を立てましたが、この仮説はほぼ間違いないということが分かりました。

次回は、これまでのデータを踏まえて、春生まれ(4月・5月・6月)の優位性をどのように捉え、どのように対策すれば良いのかを考えてみようと思います。

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1448793143 %e3%83%ad%e3%82%b4%e9%95%b7%e6%96%b9%e5%bd%a2
  • マイボ運営事務局
  • それぞれの子供達に合った最適なクラブを提案すること、日本各地に点在する優秀な指導者を紹介すること、これらを目標にマイボ運営事務局はメディア運営していきます。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785150 article imasia 3336973 xl

    サッカークラブとサッカースクールの違いは何なの?

    まず、勘違いしてはいけないのが、どちらが上位でどちらが下位というものはありません。稀に、サッカークラブは...

    »続きを読む
  • Large square 1448785929 article special3

    リスクを楽しむ【サッカー指導者専門家コラム:崎野コーチ】

    遊び心のあるプレーをする選手が少ない。子どもは好奇心に満ち溢れ「やってみたい」という心が先行するものだと...

    »続きを読む
  • Large square 1448785997 article %e7%9c%9f%e5%ae%9f%e6%94%b9

    「転ぶ時に手が出ない子が増えた」は何故か【崎野コーチ】

    今回はキッズについて書きたいと思います。キッズとは主に幼児期・3~5歳の子どもたちのことを指します。私は...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加