【大豆戸FC:末本亮太】ちょっとだけ自慢できるサッカークラブに

【大豆戸FC:末本亮太】ちょっとだけ自慢できるサッカークラブに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1460521609 %e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもらいます。

日本は8000チームほどの少年サッカーチームがあると言われています。更に、それと同等以上の数でサッカー指導者が存在します。しかし、そういった指導者の実態は、各サッカーチームに所属してみないと分からないのが現状です。

そこで、マイボ!編集局がインタビューし、彼らのサッカー指導を明らかにしていきたいと思います。これにより、サッカー少年少女達のチーム選びや、日本のサッカー育成に貢献することが目的です。

今回は、神奈川県横浜市にある大豆戸FCの末本亮太さんにインタビューさせて頂きました。

大豆戸FC:末本 亮太 理事

小学校6年生からサッカーを始める。中高ではトップ下の中心選手として活躍。高校生時代は、生徒の自主性を重んじている校風に恵まれ、監督に縛られることなく、部員中心の伸び伸びした中でサッカーを学ぶ。早稲田大学に進学後は、サッカー部ではなく、同好会を選択。同好会を強豪まで押し上げ、同好会日本代表として韓国遠征に参加。その他、早稲田大学選抜としても選出されプレー。早稲田大学卒業後は、飲食事業の企業に就職。約3年間の企業経験を経て、その後、大豆戸FCの理事として就任。会社員時代に培った経験を元に、組織改革に着手。大豆戸FCが地域に根付き、子どもたち自身はもちろん、会員も楽しめ、属する人たちにとって「ちょっとだけ自慢できるクラブ」、「所属していることに価値を感じられるクラブ」になるために日々奔走中である。

★大豆戸FC★の紹介ページへ

恩師との出会いがきっかけで始めたサッカー

Semilarge rectangle 1460521609 %e3%82%b5%e3%83%961

Q.サッカーを始めたのはいつですか?

私がサッカーとの関わり始めたきっかけは、他の方と比べると変わっているかもしれません。小学校6年生の時、私のクラスは学級崩壊していました。そこに、新任の凄腕の先生が来られて、クラスをまとめる過程で、サッカークラブを作りました。そして、そのチームにはクラスの2/3の男子生徒が入部しました。私も例に漏れずに入部したのが、サッカーを始めたきっかけです。不思議なことに、サッカーとその先生の影響で学級崩壊はすぐに収まりました。教育者の力を実感した経験ですね。余談ですが、その先生とは今でも親交があります。休日はバンドを組んでライブをやっている今でも魅力的な恩師です。

Q.当時、末本さんは周囲と比べて上手だったのでしょうか?

特にそんなことはなかったですね。6年生から始めましたからね。私よりもサッカーが上手な子はいました。ただ、その先生の影響があってとにかくサッカーは楽しかったです。当時は、三浦知良選手が日本に帰ってきた頃で、Jリーグ開幕前でしたが日本リーグが盛り上がっていました。近くに三ッ沢球技場があったので、自転車でよく観戦にいっていました。当時の読売クラブが大好きで、帰国したばかりの三浦カズのフェイントを真似したりしていました、近くの公園の近くでは全日空の独身寮もあり、選手たちと一緒にボールを蹴る機会も多数あり、身近にそのような環境もあったので、少しずつサッカーにのめり込んでいきました。

Q.中学校では、どのようにサッカーをやりましたか?

中学校では部活動でサッカーをやっていました。顧問がラグビーの先生だったので、そこまで本格的なものではありませんし、専門的な指導は一切学べませんでした。グランドが校舎の改築で使えないのもあり、近くの公園をひたすら走っていましたね(苦笑)そのため、部活だけでは物足りず、近くの公園でサッカー好きの仲間とサッカーをやっていました。部活での制約や理不尽があった分、仲間たちとのサッカーは自分達の自由な発想でやれたので、大変楽しいものだと思いました。だからこそ、その時期にサッカーも工夫するようになりましたし、より好きになりました。

Q.高校はどのように進路を決めましたか?

特にサッカー強豪校を選ぶというわけではなく、ナイター設備があり、自前のグランドがある、そして何より自分が出られること、おもう存分サッカーをやれそうな高校を選びました。また、負けず嫌いだったので学区のトップ校に行きたいという思いもありました。そんな理由で入部しましたが、素晴らしい先輩、同級生に恵まれたこともあり、県では上位に進むことができました。学校自体が生徒たちの自主性や自律を大切にしてくれる校風だったのでサッカー部自体も、練習後に自分たちでミーティングをして、どうやったら強くなれるか、組織として成熟できるかの議論を重ねていました。他では考えられないかもしれませんが、監督に意見するような選手もいました(笑)しかし、そういった場所で、伸び伸びとサッカーをやれたのは、私にとっては大切な経験ですね。

自問自答しながら見つけた本当のキャリア

Semilarge rectangle 1460521609 %e3%82%b5%e3%83%962

Q.進学された早稲田大学ではどのようにサッカーをやられていましたか?

高校までの部活でのサッカー漬けに疲れていたこともあり、部活ではなく、同好会を選びました。元々、そこまで強い同好会ではなかったのですが、真剣に取り組んでいるうちにどんどん強くなりまして、そうなるとそこに共感する仲間や後輩も入ってくるので、良い環境でサッカーを楽しむことができました。同好会でも対戦相手には全国出場経験を持つような選手がゴロゴロいたので、レベルの高いサッカーを日々できていました。当時、大学同好会の大会を企画していた会社が主催する同好会日本代表として韓国遠征のメンバーに選ばれたこともあります。このように、体育会には入部しませんでしたが、結局は大学でもサッカーの優先順位が高い日々を送っていました。私の選手経験はどの時期においても、他人から、外部からの強制的なものではなく、自分でやりたいから、考えて、自分で工夫する、自分で選ぶ、いう点では共通していたと感じています。

Q.就職活動はどのように取り組みましたか?

最初は、安易な考えでサッカーのコーチになろうとしていました。大学生の頃も、恩師のサッカークラブでお手伝いをしたり、今の大豆戸FCでもアルバイトをしたりしており、コーチの仕事のやりがいは感じていました。しかし、親や周りの大人と話していたときに気付かされることがありました。

「自分の子どもを見てもらっているから大人はあなたのことをよくしてくれる」

「サッカーしか知らない人間にサッカーが教えられるのだろうか」

と。そして、自問自答が始まりました。

「本当にやりたいことなら、会社に勤めながらでもできるのではないか。」

「何も迷わず、考えずに安易な選択をすることが果たして良いことなのか?」

結果的に、世間一般的なものを経験せずに、安易にサッカーのコーチを選ぶことの危険さを感じ、就職活動をしました。その中で、自由闊達な雰囲気と人を大事にしている企業に魅力を感じて、入社を決めました。早稲田大学という学歴や強みをもっと活用するという方法もあったのかもしれませんが、あまりそういったことには興味がありませんでした。むしろ、学歴などは重視するのではなく、自分の腕一本、人間性でどれだけ勝負ができるのか勝負をしたいと思っていました。周りにいる人間やこれまで育ってきた環境とは違う人たち、価値観の中で自分がどれだけできるのかを知り、試すほうが成長できるのではないか、と考えたからです。

サッカーから離れて、改めていかにサッカーが好きかを知る

Semilarge rectangle 1460521609 %e3%82%b5%e3%83%964

Q.就職後はサッカーをやっていたのでしょうか?

やはりサッカーが好きなので、様々な形でやっていました。例えば、通勤の途中に公園を通ると、子供達がサッカーをしています。すると、どうしても血が騒ぐのです(笑)気づいたら、そこの子供達と一緒にサッカーを定期的にやり始めてしまいました。そんなことを毎回やっていたら、その子達が通っている小学校からお礼状をもらったこともあります(笑)その他、職場でも同僚や上司とフットサルをやっていました。

Q.その企業を辞める転機はどのようなものでしょうか

地方配属だったのですが、私はその土地でフットサル場を見つけては休日には個サルに参加していたのですが、それを見ていた個サルを仕切っていたある方から、私に「末本さんはもったいない。プレーやその表現を見ていてもサッカーに関わる仕事をした方がいいんじゃないの?」と言ってくれました。(一宮にあるユニアオというクラブの斎藤九さん)人生を変えたひと言、出逢いでした。ちょうどそのタイミングで大豆戸FCから組織体制も整い、力になってほしいと代表から声をかけられまして、当時の会社を辞めて大豆戸FCにいくことを決断しました。サッカーから離れた3年間、サッカーとは無縁、地方での生活を送りましたが、そのことでサッカーと関わることがいかに自分にとって大切なのか、サッカーのすばらしさを実感することになりました。

一人ひとりの居場所があるクラブチームへ

Semilarge rectangle 1460521912 %e3%82%b5%e3%83%965

Q.大豆戸FCにはどういった役割で戻りましたか?

現場のコーチ、若いコーチの育成という役割で戻りましたが、これから組織がより大きくなり、基盤や体制がより強固のものとなる過程だったので自然と組織運営にもかかわるようになりました。組織においても、自分にしかできないこと、強みがあるのでそれを意識してやっていきました。


Q.具体的にはどのようなことを取り組んでいきましたか?

一つ例を紹介します。当時、大変結果の出ている学年がありました。クラブも大いに盛り上がっていました。ただ、その様子を、客観的に見た時に、違和感を覚えました。盛り上がっているのは、一部の選手・保護者・指導者だけでないのか?いわゆる普通の社会から見たときに、そこでは常識であっても異常と思えるような出来事が多かったことが私には感じられたのです。実際、その学年をピークに会員が減っていることも実際の数字としてあったので、これは良くない状態なのではないかと推測しました。そこで、クラブとして良い時だからこそ改革をするべきだと考えて、一人ひとりの興味関心に合わせて所属する全員の選手に出場機会を与え、一日がかりだった週末の試合を半日にする、サッカー以外のイベントを積極的に行い、子ども一人ひとりが成長する機会と環境、サッカーの上下関係が全てではないクラブのあり方を考案し、実際に行動に移しました。サッカーの上手さは関係なく楽しめるイベントを企画することで、全員が活き活きとできる組織を目指しました。「みんなの想いやプラスの意識が集中すると、その対象となったモノや場所はどんどん良くなっていく」とは藤原和博さんの言葉ですが、まさにその通りで会員の数は増えていきました。現在では、おかげさまで小学生に関しては定員を設けさせていただいている状態で、中学生に関しても希望するすべての選手を面倒を見ることが整っていないため、セレクションをさせていただいています。

Q.具体的にはどのような形で選手の居場所を確保したのでしょうか?

当時は、1か月以上試合に出られない選手が当たり前のようにいるような状況でした。そこで、指導者に選手の出場記録を管理することや、選手をよく観察して、興味関心に合わせて試合を行うようにしました。同時に、練習における指導者と選手の適正な人数を設けることで、子どもたちのことをよりよく観ることができるような体制を整えました。データという客観的なものと同時に、「その仲間とサッカーがしたい、楽しくやりたいから試合は好きではない」といった選手それぞれの個性もあるので、そういったものも現場のコーチがくみ取れるようにしました。サッカーが上手だから、上のチームで試合をしたい、そうではないこともあるのです。本人の趣向や意識にあったところでサッカー楽しんでもらう、一人ひとりが違うということを大切にしたのです。

街クラブ、サッカーの指導者の在り方を、少しずつでも変えていきたい

Semilarge rectangle 1460521912 image3  4

Q.今後、大豆戸FCをどのようにしたいですか?

認定NPOを目指しています、さらに総合地域型クラブにするというビジョンをもっています。サッカーはもちろん、サッカーを通して、より多くの人に興味関心、共感をしてもらえるようなサッカークラブでありたいと考えています。そのためには組織に属している大人が、サッカーがサッカーで止まっていたらそれ以上にはなりません。一方で、Jリーグを目指すといった考えは今は抱いていません。小さくても、その地域や業界で「ブランド」と呼べるような存在でありたいですし、そこで働くスタッフたちの「生き方」と「働き方」が一致するようなスタイルを構築したいと考えています。やはり働く人たちが楽しんでいないと魅力は出てこないと考えています。外部の方にも、「大豆戸FCは、他のサッカークラブとは一線を画している」「働くスタッフたちがそれぞれに個性がある」と言われたことがあります。そのため、どこかのチームをモデルにするというより、自分達のスタイルとして確立していきたいです。現在、定員を設けさせていただいていますが、ほとんどの学年でウェイティングの方があり多くの方に賛同を得ていると認識しています。基本的に選手の募集などは行わず、会員の皆様の口コミでの勧誘に頼っています。ブランドが立てば、おのずと向こうから自ずとやってくるもの、と考えており、現状では大豆戸らしさは伝わっており、うまくいっていると感じています。こういったものが築けたのは、サッカーだけに特化せず、「サッカークラブが運動会をやったら?」「被災地訪問」「福島のチームとのホームステイ交友」「スキー合宿」「宝物探し大会」などのイベントを企画することで、このクラブでしか経験できないことが多くの方に伝わったのではないか、と考えています。地域における街クラブの存在が必要不可欠なものになるのか、陳腐、不要なものになるのかは我々だけではなく、同じような形態なクラブの皆さんの力にもかかっています。教育的な価値を感じてもらえるような存在感のある存在になるために、連携し、お互いに高めあっていくこともこれからは必要なのではないかと考えています。

Q.基本的に強化は重視していないのでしょうか?

強化ありきではなく、結果的に強化に繋がっているというスタンスです。ポジショニングと例えるべきか、強化というのはそのリソースを備えている組織がやればよいと私は思うのです。自分たちの役割を間違えないということはとても大切なことだと思います。自分たちの役割、立ち位置を認識して、それを全うしていく。「一隅を照らす」、私の好きな言葉ですがそれぞれが一個人として、組織として全うしていくことが大切だと私は考えます。もちろん、上の子どもたちのプルアップは欠かせません。子どもの興味関心にあわせて、必要な環境を提供していくことはやらなくてはいけないことです。

Q.サッカー面に関しては、どういった方針で指導されていますか?

「サッカーをしよう」「いつでも誰とでもどこでも」プレーできる選手をというのがコンセプトです。一つのプレーを切り取らない、技術偏重にならない、時間帯や得点差など前後の文脈の中でどうプレーするべきか、こちらが判断基準をしっかりと提示しながらも、最後は自分で決断することができる選手たちの集まりであり、どこに行ってもサッカーを理解して、サッカーをプレーできる選手の育成を大切にしています。クラブでは、低学年代では少人数制も取り入れています。3-3から始まり、4-4、5-5、7-7、8-8、9-9、11-11という発展です。特に低学年代では、どれだけボールを触る機会があるか、を重視しています。例えば、ある子どもが砂いじりしてしまうのには、必ず理由があるわけで、このような少人数にするとそういった子はいなくなります。常に子ども側の視点に立って、現場に立つこと、創意工夫をすることを大切にしています。

Q.常識に捉われない発想を大切にしているように感じますね。

そうですね、我々が子どものときに今の自分の職業があるとは考えられなかったと思います。指導現場においても我々が学生時代のときに、「怒鳴らない、怒らない、まずは子どもの考えを聞く、子どもの成長を第一に考える」指導方法は異質と捉えられていました。当時は、諸先輩方から「それじゃあ強くならない」と言われましたが(苦笑)今では、このような指導スタンスも一般的になったのではないでしょうか。

Q.今後、どういったことをやっていきたいですか

街クラブ、サッカーの指導者の在り方を、少しずつでも変えていきたいと考えています。これしかできないからここにいるのか、選択肢がある中でここを選んでここにいるのかは大きく異なるわけで現状は前者が多いのがサッカー界の現状だと認識しています。世間一般のサッカーや指導者の立ち位置を変えていくのは自分たち自身の努力でしかないわけですから、一クラブに止まらず、他のクラブ、指導者と連携して、知識を共有し、お互い切磋琢磨しながら高めていく作業が必要だと思います。サッカークラブは、想いで立ち上げても継続して運営するとなると大変難しいものです。我々が成功例として、そういったチームのロールモデルとして認識されれば、日本の街クラブの発展に貢献できるのかなと思います。先日も、街クラブの指導者、チームで集まり、現場での実践の共有をしました。今後は、運営についてのノウハウの共有や、法的にやるべきこと、労働・労災についてどう考えるかなどもシェアしたいですね。どんなに街クラブとして発展しても、クローズドでやっていては日本の街クラブの発展に貢献できません。オープンにしていくことで、街クラブが発展し、日本の少年サッカー界が発展すると信じています。

★大豆戸FC★の紹介ページへ

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1448793143 %e3%83%ad%e3%82%b4%e9%95%b7%e6%96%b9%e5%bd%a2
  • マイボ運営事務局
  • それぞれの子供達に合った最適なクラブを提案すること、日本各地に点在する優秀な指導者を紹介すること、これらを目標にマイボ運営事務局はメディア運営していきます。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785814 article s  14622758

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol2

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448785745 article news3

    8人制サッカー移行により生まれたメリット・デメリット

    少年少女サッカー選手の保護者であればご存知とは思いますが、2011年より全日本少年サッカー大会に8人制サ...

    »続きを読む
  • Large square 1448786435 article s  14622760

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol1

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加