考えるとは【川口竜太コラムvol1】|すみだサッカークラブ

考えるとは【川口竜太コラムvol1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1456906450 %e5%86%99%e7%9c%9f 2015 09 14 10 57 35

すみだサッカークラブヘッドコーチの川口です。
このマイボを観て頂く皆様、川口の観点でのコラムとなりますが宜しくお願いします!今回のコラムは『考えるとは』についてお伝えします。


そもそも考えるって何だろう。


多くの指導者が選手に「考えなさい」「考えてサッカーしなさい」とコーチングしていますが、「考えて」というコーチングは「頑張って」や「努力が足りない」と同じように、その言葉自体には何の意味もないと思います。

つまり「考えて」とか「頑張って」とか「努力が足りない」という言葉を使う時、コーチングした指導者にも何かしら選手に伝えたい気持ちはあると思いますが、ただそれらの言葉は具体的ではないので、受け取った選手側にはやりようがありません。ですのでもっと思考が停止してしまいます。

「考える」も「頑張る」も「努力する」も、言われた選手側は最終的に考えたり、頑張ったり、努力したりした「結果」でしか評価を受けることが出来ない状態になってしまいます。

その「結果」によって、今までの過程を否定されてしまうので選手から自由な発想が生まれにくくなってしまいます。

そんな選手が魅力的になるはずがない。


Semilarge rectangle 1456907078 %e5%86%99%e7%9c%9f 2015 07 29 10 06 35

ですので「考える」っというのは《頭の中の知識を組み合わせる》ことだと捉えています。

そもそも人に教えるというのは
「考えてもらうためには、『考えられるだけの材料を相手が持っているか』を教える側がきちんと把握していなければならない」
ということではないでしょうか。例えば、青と白の絵具しか持っていない人に「どうすれば緑を作れるか」を聞いても考えつくはずがないのです。もっといろんな色があることを伝えるのも指導者ですし、「混ぜる」という行為を伝えるのもまた指導者の役割です。

しかし、青と白を真剣に混ぜているのに「なぜ黄色を使わないんだ!」と突然怒り出すような人がサッカー指導者は多いような気がしますし、そうなると選手は考えること自体をやめてしまうようになっていきます。

親や指導者ではなく、自分で判断するのがサッカーの面白い部分ですし、その楽しさ・奥深さを伝えていきたい。

ですので、すみだサッカークラブでは選手一人ひとりがその瞬時において正しく自分で判断・決断できるように日々のトレーニングで指導しております。

『脳みそがぐちゃぐちゃになるような』

『認知⇒判断⇒実行が素早くなってしまうような』

『究極の後だしじゃんけんを目指して』


次回のコラムではすみだサッカークラブの指導の仕掛けをお伝えします。

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1455578993 image
  • すみだサッカークラブ
  • 平等主義
  • バランス型
  • キーパーコーチ在籍
  • フィジカルコーチ在籍
  • トレーナー在籍
  • 1990年創設の伝統のあるクラブです。スローガンは「夢と希望と誇りを!」フェアプレーで情熱に溢れ何事にも一生懸命なチームを目指します。 そしてU-15年代...

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785814 article s  14622758

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol2

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448786435 article s  14622760

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol1

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448785854 article special4

    指導者が思うサッカーの「楽しさ」とは【:崎野聡コーチ】

    各年代において「楽しさ」は不可欠な要素である。 「楽しさ」とは一体何を指すものか。「楽しさ」とは、...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加