【FC.VIDAレディース:福井和哉】目指すはやはりなでしこリーグ!

【FC.VIDAレディース:福井和哉】目指すはやはりなでしこリーグ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1461637845 20160417 152629 1

本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもらいます。

日本は8000チームほどの少年サッカーチームがあると言われています。更に、それと同等以上の数でサッカー指導者が存在します。しかし、そういった指導者の実態は、各サッカーチームに所属してみないと分からないのが現状です。

そこで、マイボ!編集局がインタビューし、彼らのサッカー指導を明らかにしていきたいと思います。これにより、サッカー少年少女達のチーム選びや、日本のサッカー育成に貢献することが目的です。

今回は、FC.VIDAレディースの福井和哉監督にインタビューさせて頂きました。

FC.VIDAレディース:福井 和哉 監督

中学時代は読売サッカークラブに所属。高校は、私立城北高校に入学し、関東大会出場を経験。その後、明治学院大学サッカー部に強化選手として所属する。そして、神学校を経て牧師として活動する。非行少年との出会いから、都立久留米高校定時制サッカー部の監督を引き受け、1年目で全国制覇。その後、FC.VIDAを創設した後、娘がサッカーを始めたタイミングでFC.VIDAレディースも創設。村田学園と密接に連携しながら女子サッカー界の普及に励み、コーチを務めていた村田学園ではインターハイ優勝も経験。現在は、FC.VIDAレディースのトップチーム強化に取り組んでおり、なでしこリーグを目指す。

★FC.VIDAレディース★の紹介ページへ

暴走族リーダーやタレント志望などを率いて全国制覇

Semilarge rectangle 1461638383 %e3%82%b5%e3%83%961

Q.選手経験はどのようなものでしょうか?

中学校で読売サッカークラブに所属していました。当時は、立ち上げ当初で、トップチーム(現東京ヴェルディ)が東京都三部だったので、誰でも入られるスクールのような感じでした。そして、高校は都ベスト4のサッカー部を持っている高校を探していて、それが私立城北高校だったので入学しました。そこでは、関東大会出場などの実績を残しました。そして、大学では強化選手として明治学院大学に入学しました。

Q.その後、社会人としてはどのようなキャリアになったのでしょうか?

神学校を出て、キリスト協会の牧師になりました。当時は、清瀬の小さな教会で活動していました。今でこそサッカー指導の割合が多くはなりましたが、牧師としての活動は現在も継続しています。

Q.そうなんですね!牧師さんから指導者になった方は初めて聞きました。どのような契機でサッカーの指導者の道に進んだのでしょうか?

教会に通っている家族の中に、息子が少年院に入るほどの非行をしていました。その子がその後定時制に通い、サッカー部を作ったのです。その時、私がサッカーをやっていたことを知り、指導してくれないかと声を掛けられたのが、指導者を始める契機ですね。定時制のサッカー部は夜の活動になるので、牧師活動の合間にやるような形で指導を始めました。

Q.なるほど!最初の指導で何かしらの実績を残したのでしょうか?

1年目で定時制通信制の大会で全国優勝しました。

Q.ドラマのようなお話ですね!どのような指導をされたのでしょうか?

メンバーとしては、暴走族リーダーやタレント志望、名門サッカークラブを辞めた者など多岐に渡りました。彼らは大変根性があるので、本気を出した時のエネルギーは凄いものがあります。そんな彼らに、私はサッカーへの想いをぶつけました。すると、選手たちが私を慕ってくれたので、その大きなエネルギーがまとまりました。それが、全国優勝という結果に繋がった理由だと思います。当時のメンバーの中には、当時のマリノスに進んだ生徒もいました。

Q.痛快なお話ですね。そのまま定時制高校のサッカー部指導者を続けたのでしょうか?

全国優勝によって、周辺地域(清瀬)で評判になりました。そのタイミングで、私の息子が地元のサッカークラブへ入団したのですが、そのクラブのジュニアユース創設にあたり、指導者として関わってほしいと言われました。それがFC.VIDAの前身となるクラブチームです。このチームの指導に関わってからは、ほぼ毎日練習をしていたので、牧師活動は夜にやることが多くなりましたね。その頃から、私のエネルギーの多くはサッカー指導に注がれるようになってきました。

Q.その後、クラブチームはどのような変遷を辿ったのでしょうか?

その後、縁があって立川にFC.VIDAの活動を移しました。(現在も立川で活動しているFC.VIDA)その頃から、徐々に関東大会に出場するなどの実績を残せるようになってきました。今の強豪チームでもある、三菱養和FCや横河FCなども同じエリアにいたので、関東大会に出場するのは容易ではありませんでしたが、数年に1度くらいは出場できるほどのチームになりました。

Q.数年でそこまでの強豪チームにしたのが驚きますが、何か指導において大切にしていることなどあるのでしょうか?

特に変わった指導をしていることはありません。ただ、「ボールを大事にする。自由な発想でサッカーをする」ということは大切にしています。私自身が、高校時代にサッカー部で締め付けられたことがあり、それを必ずしも良いものとは思えませんでした。そのため、選手が「サッカー小僧」といった感じで、自由に楽しくやるようなプレイをできるようにサポートしています。唯一、サッカーの基本的な動きなどは厳しく教えることをしましたが、そこから先は自由にさせるようにしていましたね。

女子サッカー選手を指導しはじめたきっかけ

Q.現在は、どのカテゴリーで指導されていますか?

直接指導しているのは、千葉県市川市・船橋市を拠点にしたFC.VIDAレディースのトップチームとジュニアユースです。高校年代は村田学園と密に連携しているので、FC.VIDAから村田学園に多くの選手を輩出しています。その意味では、実質的には女子のジュニアユースからトップまで一貫して見ているような形になります。

Q.女子選手の指導を始めたきっかけはどのようなものでしょうか?

私の娘がサッカーをはじめたのがきっかけです。娘がサッカーをやりたいと言い出したのですが、当時のFC.VIDAには女子チームがありませんでした。さすがに一人では試合に出られないので、他にも一緒にやりたい女子選手がいるのであれば、女子チームを作るよという話になりました。すると、娘が友人を連れてきてチームとして成り立ったのです。それが、女子チームを作ったきっかけです。

Q.村田学園サッカー部との繋がりはどのようにして始まりましたか?

それも、娘が所属している女子サッカーチームを指導していたことがきっかけです。当時、その女子サッカーチームがフェスティバルに参加した際、FC.VIDAの選手を村田学園の監督が見てくれていました。そして、4名の選手を村田学園に引き抜いてもらえたのです。そこから、村田学園も急速に強くなると同時に、FC.VIDAと二人三脚のような体制になっていきました。その後、娘は村田学園の高校を卒業し体育大学へ進むのですが、そのタイミングで村田学園の短大にサッカー部を創設するという話になりました。私はそこで監督をいらいされました。これが、FC.VIDAのトップチームの前身になりました。

村田学園で全国制覇、そしてなでしこリーグへ

Semilarge rectangle 1461638383 %e3%82%b5%e3%83%962

Q.男子と女子の指導を両方経験されていますが、違いはどのようなものがあるのでしょうか?

サッカーの部分ではほとんど同じだと思います。しかし、教育の仕方という意味では、違うと思います。男子の場合は、十把一絡げに指導することが出来ます。一方で、女子はいかに個別に気を使えるかが大切になります。例えば、一部の選手に偏ったアドバイスをすると、他の選手はそれに対して反感を持ってしまうことがあります。その辺を考慮しながら指導していくという意味では、男子と女子の違いはあると思いますね。これは、女子の指導を長年やってきて、初めて分かったことです。それまでは、ほとんど選手達に騙されていたようなものです(笑)それくらい、女子チームの育成には繊細さが求められると言えますね。

Q.なるほど、丁重に指導するということでしょうか?

そうですね。但し、高校以降は全く違います。私今まで、「サッカーを本気でやれば人間性も変わっていくだろう」と考えていましたが、村田学園の監督は「人間としてしっかりしていないとサッカーはやらせないよ」という考え方なのです。そのため、何かしらに反した場合は、容赦なく外すこともしていますね。例えば、全国優勝がかかった試合でも使わないこともします。これには、私も抵抗があったのですが、監督はそれを断行しました。結果、その外された選手は今では素晴らしい人間になっています。そういった意味では、私の思っている以上に規律や生活態度を厳しくすることも、高校以上のカテゴリーでは必要なのだなと学びました。

Q.その他、育成する上で、何か意識されていることはありますか?

サッカーを辞めさせない努力はします。例えば、サッカーにおいては優等生でも、学校では劣等生だったという場合もあります。やはり人間としてしっかりしている人が最後まで長くサッカーを続けていけるので、人間としても成長できるようにサポートします。時には、学校の成績表を持ってきてもらうこともあるくらいです。

Q.村田学園がインターハイ優勝を成し遂げるまでにどのような苦労がありましたか?

道のりは平坦ではなかったですね。FC.VIDAレディースを含めると中学生から育成をしているわけですが、千葉にはジェフユナイテッド千葉がいます。そのため、Jリーグの下部組織には、どうしても能力面で劣ってしまいます。しかし、チーム運営していく中で人数は必要です。ですから、能力の高い選手ばかりが入団するわけではありません。そのため、能力が高くなくても、そういった選手を地道に育てていくのは大変でした。チームのコーチにはよく言うのですが、「育成は負ける勇気を持ってね」と伝えています。そういった努力が実って、結果的にはFC.VIDAレディースの創設3年目で関東大会出場、4年目に初めてジェフユナイテッド千葉に勝ち、その代が3年後村田学園でインターハイ優勝を成し遂げました。

Q.今後、FC.VIDAはどのような方向性を持っているのでしょうか?

FC.VIDAは関東の中では珍しく、ジュニアユースからトップチームまで一貫して指導できます。(高校年代は村田学園と連携)このラインを強化していくことが、VIDAとしての当面の目標になります。そして最近では、育成は女性監督に任せ、私はトップチームの指導に専念するようになりましたので、今後はトップチームをより強化していきたいですね。そして、目指すはやはりなでしこリーグに挑戦したいと思っています。

Q.60歳になられても、その志は素晴らしいです。

夢を見るのは自由ですから(笑)一時は、引退を考えたこともありますが、やはりやろうと今は思っています!

応援しています!インタビューへのご協力ありがとうございました!

★FC.VIDAレディース★の紹介ページへ

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1448793143 %e3%83%ad%e3%82%b4%e9%95%b7%e6%96%b9%e5%bd%a2
  • マイボ運営事務局
  • それぞれの子供達に合った最適なクラブを提案すること、日本各地に点在する優秀な指導者を紹介すること、これらを目標にマイボ運営事務局はメディア運営していきます。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785814 article s  14622758

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol2

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
  • Large square 1448785745 article news3

    8人制サッカー移行により生まれたメリット・デメリット

    少年少女サッカー選手の保護者であればご存知とは思いますが、2011年より全日本少年サッカー大会に8人制サ...

    »続きを読む
  • Large square 1448786435 article s  14622760

    自分で考えるサッカーを追求する【FC千代田:中村圭伸監督】vol1

    本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもら...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加