【FCカーニョ:松本諭之】日本人でも和製ロナウジーニョになれる

【FCカーニョ:松本諭之】日本人でも和製ロナウジーニョになれる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large rectangle 1458805926 %e6%9d%be%e6%9c%ac%e8%ab%ad%e4%b9%8b

本コーナーでは、現役のサッカー指導者にインタビューして、各指導者が持つ理念や独自のメソッドを紹介してもらいます。

日本は8000チームほどの少年サッカーチームがあると言われています。更に、それと同等以上の数でサッカー指導者が存在します。しかし、そういった指導者の実態は、各サッカーチームに所属してみないと分からないのが現状です。

そこで、マイボ!編集局がインタビューし、彼らのサッカー指導を明らかにしていきたいと思います。これにより、サッカー少年少女達のチーム選びや、日本のサッカー育成に貢献することが目的です。

今回は、埼玉県越谷市にあるFCカーニョの松本諭之コーチにインタビューさせて頂きました。

FCカーニョ:松本 諭之 コーチ

青英学園SCにて幼稚園からサッカーを始める。小学生時代から頭角を表し、大阪府のトレセンにも選出される。中学時代はガンバ大阪堺ジュニアユースでプレイ。高校では、強豪・初芝橋本のサッカー部に推薦で入部。1年生から試合に出場し、選手権・インターハイ・高円宮杯・天皇杯・国体などに出場という華やかな実績を積む。大学時代に母校(青英学園SC)でコーチを始めたのを機に、指導者としてのキャリアをスタート。その後ある方との出会いによりエテルノ青英FC(ジュニアユース)で指導を始め指導者としてのベースを固める。その後、奈良県での指導者経験を経て、FC猿蹴を立ち上げる。自身初の代表としてFC猿蹴を運営し、選手のほぼ全員がサッカー推薦で高校に進学するなどの実績を残す。そして、長年声を掛けてくれたFCカーニョの菊池監督の想いに応える形で、FCカーニョのコーチに就任。現在に至る。

★FCカーニョ★の紹介ページへ

トップレベルでやっていた選手時代

Q.サッカーを始めたのはいつですか?

幼稚園から青英学園SCでサッカーを始めました。MFでプレイしていて、大阪府トレセンに選ばれていました。2つ上の先輩に元日本代表の稲本君、1つ上に夏目君という当時U‐12日本代表の選手がいてその方々に負けたくない一心でサッカーをしていました。もちろん目標はプロサッカー選手。その後、中学生ではガンバ大阪堺ジュニアユースに進みました。堺選抜で一緒にプレイしていた仲間の多くも一緒にガンバ大阪堺ジュニアユースに入ったので、ほとんど違和感無く中学生時代もサッカーをやることが出来ました。そして、初芝橋本高校にサッカー推薦で入学しました。Jリーグの下部組織と部活動の違いはありますが、ガンバ大阪堺ジュニアユースでもハードな練習だったので、高校でのサッカーが特別厳しいものだとは感じませんでした。初芝橋本のサッカー部でも、1年生から試合に出して頂くことが出来ました。そこでは、ボランチやリベロで試合に出ていました。高校ではガンバ大阪堺ジュニアユースとは異なるチームスタイルでしたが、技術を大切にしてボールを失わないというベースは常に意識しながらプレイしていました。高校時代に、選手権・インターハイ・高円宮杯・天皇杯・国体などの経験を積むことが出来ました。

臍(へそ)を相手に向けた状態でプレイすること

Q.大学以降はどのようなキャリアを選びましたか?

大学ではフットサルに移行しました。その後、母校の青英学園SCでジュニア世代の指導者を務めさせて頂く機会を得ました。それが、指導者としてのキャリアのスタートです。更に、そこで当時エテルノ青英FCの代表をしていた方に誘われてコーチに就任しました。

Q.指導者のキャリアをスタートした当初はどのような指導をされていたのでしょうか?

今の指導と大きな違いはありませんが、自分自身も成長しようとしていますのでより良いものを提供できるよう考えています。指導者キャリア初期の選手でJリーガーになった選手がいますが、その選手に指導したのと同じように今も育成しています。

Q.どのようにして指導方法を確立したのですか?

今の指導の源になったのは、やはり選手時代の経験が大きいです。選手時代に、東福岡と対戦したことがありまして、当時U‐18日本代表だった本山選手と対峙したことがあります。日本代表に選ばれる選手は、他の選手と何が違うのかを真剣に分析しました。すると、やはりテクニックが違うのだということを実感しました。一つひとつのプレイの質が全く違いましたね。こうした選手時代の経験から、テクニック指導の重要性を認識していました。また、私自身もフィジカルトレーニングが嫌いな選手でした。そのため、どうやって体を鍛えずに、コンタクトに負けないプレイを身に付けられるのかを追及していました。ガンバ大阪堺ジュニアユースや初芝橋本での厳しい競争において、常に考えながら、自分が生き残る方法を模索していく中で、独自のスタイルを身に付けていきました。これらの選手時代の経験が、今の指導に繋がっている部分は大きいと思います。

Q.テクニックの指導においては、具体的にはどのような考え方をされているのでしょうか?

臍(へそ)を相手に向けた状態で、プレイすることを大切にしています。ボールを奪われないようにしようとすると、どうしても相手にお尻を向けてからボールを遠ざけようとしてしまいます。しかし、私の考え方としては、サッカーはゴールを奪うスポーツなので、常にゴールを向きながらプレイする必要があると考えているので、臍(へそ)を相手に向けたプレイを意識して指導しています。

Q.指導に対する真剣さはどこから来るのでしょうか?

私はシンプルに「和製ロナウジーニョを育てたい」と思っています。例え選手の能力が低くても、重心のズラし方や、タッチの質なので、自分よりも大きな選手をいなすことが出来るようになります。そのために、どうやったら良いのかを突き詰めて、練習に落とし込んでいきます。後は、大事な選手を預かっているという責任も強く感じています。そのため、指導者として彼らを成長させなくてはならないという、使命感を持って取り組んでいます。

和製ロナウジーニョを育てたい

Q.指導者を始めた当初からそのような姿勢だったのでしょうか?

そうですね。大学時代に選手と指導者を両立していた時期があったのですが、その時の教え子に有望な選手が多くいました。もし、私が選手を続けながらだともし大怪我をして指導に携われなくなったら、教え子たちに申し訳なくなってしまうと考えていました。そしてとことんやるのであれば、選手を引退して指導者に100%専念するべきだと考え選手を辞める決断をしました。また、私が尊敬する指導者の方が、本当に指導に対して真摯な方だったので、その方に負けないよう、私も本気で育成しています。

Q.「和製ロナウジーニョを育てたい」とおっしゃっていましたが、ロナウジーニョのどんなところに惹かれているのでしょうか?

プレイの質を変化させずに、年齢に応じてプレイの割合を変化させるところが凄いなと思っています。バルセロナ時代は、年齢的にも若かったので、自分のドリブルで割って入り、突破するというようなことを頻繁に行っていましたがミランに入団する頃には身体的な衰えが若干出てきました。すると、パスで相手を破る割合が増えていったのです。自分のフィジカルに合わせて、そういった適応を出来るところが、ロナウジーニョの凄さだと思っています。一般的にはロナウジーニョはバルセロナ時代のイメージが強いですが、私が好きなのはミラン時代のロナウジーニョですね。ミラン時代の方が、ドリブルで割る時と一発のスルーパスで決める時の精度がバルセロナ時代より高いと思っているからです。

Q.日本人でも「ロナウジーニョ」になることができると思う理由はどのようなものでしょうか?

日本には職人さんが多くいます。それはつまり、一つのことを極めていくことは本来日本人が得意とするものであり、サッカーでも、一つのことを極めることが出来れば、十分に和製ロナウジーニョになれる可能性があると思います。ロナウジーニョを例に挙げると、ロナウジーニョのトリッキーな動きは、簡単に模倣は出来ないと思います。しかし、それは単にやったことがないだけだと考えています。同じ動きを育成の段階で挑戦させると、当然ながら最初は出来ません。そこで、時間を掛けて教えていくと、そういった動きをするための神経が繋がってきますので、誰でも出来るようになるものだと考えています。こういった理由で、和製ロナウジーニョはいつか出てくると思っています。

Q.FC猿蹴の選手を見ると、肩甲骨が良く動いていますね。これはどういった理由なのでしょうか?

肩甲骨と足は連動しているので、足を速く動かすためには上半身の姿勢を整えながら肩甲骨を速く動かさなくてはなりません。上半身の姿勢が整ってくると足にかかる負担や乳酸の溜まりが軽減され、より良いパフォーマンス向上に繋がっていきます。

Q.ロナウジーニョはオフェンスの選手ですが、自チームのディフェンスはどのように指導されているのでしょうか?

育成年代にポジションを固定するような考えはあまりありません。そのため、選手の育成過程において、最後尾でボールを持つ恐怖心に打ち勝つことだったり、相手を抜く度胸を身に付けたりすることが必要であれば、ディフェンスをやらせたりしています。また、向いていると思うポジションと対峙するポジションを経験することで、嫌がるプレイがどのようなものかを知るのも大切だと思っています。また、FC猿蹴は『ドリブル』という印象がありますが、ドリブルの練習だけをやっているわけではありません。『蹴る』『止める』『運ぶ』と『蹴らさない』『止めさせない』『運ばせない』を意識しながら練習を行っています。

純粋に選手の育成に取り組む姿勢

Q.サッカーの指導について勉強などはされているのでしょうか?

私が尊敬する指導者の方から教わったこととして、『目的を明確に持ちそのために脇目を振らずに取り組むこと』があります。私の場合は、「和製のロナウジーニョを育てたい」ですから、そのために必要なことは何かを考え、選手の状況を観てトレーニングしています。

Q.FC猿蹴を立ち上げるまでにはどのような経緯があったのでしょうか?

エテルノ青英FCを離れることになり、奈良県で指導をしていました。それから、大阪に戻ってきてFC猿蹴を立ち上げました。私が代表として指導したのは、FC猿蹴が初めてでした。その後は、7年間運営していました。

Q.サッカークラブを運営していると保護者との関係も重要になると思うのですが、どのように対応されていましたか?

「毎日練習に来てください」とお伝えしていました。事前に、私が行う指導の方針や内容をお伝えして、それを理解してもらうためには見に来て頂くことが最も良いと考えています。そうすると、最初は毎日見に来ていましたが、1か月ほど経過すると指導の方針や内容・成長具合をみて信用してくださったのか、「任せます」と言っていただけるようになりそれ以来たまに試合を観にきて頂き、近くのランチをして帰るという流れができました。

Q.FC猿蹴のチームとしての実績はどうでしょうか?

公式戦での実績はほとんどありません。立ち上げ当初に経験として参加したことはありますが、練習試合やフェスティバルなどの参加を中心として活動していました。私が念頭に置いていたのは、あくまでも育成です。その点では、公式戦に参加する時期・タイミングを模索しながら活動していました。もちろん、試合をやることも育成においては重要なので、それは練習試合やフェスティバルが試合経験を積む場所として考えていました。こういった考えの根底には、尊敬する指導者の方より「おまえは個を育てるんだぞ」と約束したことがあります。私自身が個を育てることに強い信念を持って取り組まないと、やはり個達は育たないと考えています。

Q.選手のサッカー人生を長い目で見て、最善の方法を常に選択されているイメージを受けました。

そうですね。中学校年代で脚光を浴びたとしても、その後は埋もれていくという事例が大変多いです。逆に、中学校年代で脚光を浴びなくても、高校で脚光を浴びることができればプロのサッカー選手になれる可能性も出てきます。どっちを優先させるか?と考えれば、自ずと答えは出てくると思います。そのため私は、思春期である重要な中学校年代でいかに育成できるかを重視して指導しています。

Q.FC猿蹴の練習量の多さは噂に聞いたことがありますが、どのようなお考えを元に練習量を決めているのでしょうか?

Jリーグの下部組織にいるようなサッカーエリートの選手と、私が教えている選手を比較した時に、エリートが毎日2時間練習しているのであれば、能力では劣る選手はそれ以上練習しないと逆転できるわけがありません。そのため、必要であれば練習量を増やすべきだと考えています。とは言え、これは成長の時期などにも依ります。例えば、全くテクニックのベースが出来ていない時期は、神経を繋げるためには多めの練習を課しますが、ある程度のベースが出来て来たら練習を減らすこともします。

Q.指導にかけている時間はどのくらいなのでしょうか?

FC猿蹴時代で言いますと365日のうち360日は練習していました。私は高校以降でも活躍できる選手を育成することを大切にしています。高校以降の活躍を目標にし、それを逆算していくと、どうしても多くの練習が必要になってしまいます。ドリブルの練習だけをやるわけにはいかないので、その他の練習も取り入れていくと、目標となる地点まで育成するためには多くの練習量が必要になります。もちろん、一日中練習をしているわけではないので、余った時間は業務に費やしたり、自分の時間に使ったりしています。

もっと遊び心のあるサッカーを

Q.FC猿蹴の教え子はどのような進路に進まれていますか?

1期生が4月から高校3年生なのですが、ほぼ全員がサッカー推薦で進学することができました。本当に様々な方々の力添えがあり、無事に進学できました。本当に感謝しています。

Q.今後の指導において、目標としていることはありますか?

もっと、シャープに育成していきたいですね。様々なことを教え込み過ぎると、時にプレイに偏りが出てきてしまう部分があります。そこで、余分な部分をそぎ落として、よりシャープなプレイスタイルを身に付けさせられるようになりたいと考えています。そして、トップクラスのサッカーにおいても、自分の良さを出せるような選手を輩出していきたいです。

Q.そこまで育成を本気でやられているのであれば、高校以降も指導したいと思うことはないのですか?

思います。しかし、私が携わっていた選手でプロの選手になった者もいますが、彼らは私以外の指導者と出会ったからこそ、プロのサッカー選手になれたのだと思っています。とは言え、私が思いを込めて育成した選手達ですから、単純に指導者として最後まで見てあげたいなという思いはありますね。

Q.FCカーニョを選ばれた理由は何でしょうか?

菊池監督が二年半前から私を誘ってくださいました。それがFCカーニョに入ろうと思った一番の理由です。菊池監督も良い選手を育てたいという強い想いをお持ちなので、それには共感しました。

Q.今後、日本サッカーはどのようになっていけばおもしろいと思いますか?

もっと遊び心があるプレイが出来る選手が増えれば、もっと良くなると思います。今の日本人のサッカー選手は、どうしても少し先のプレイが何となく読めてしまいます。一方でロナウジーニョはそういった定石を逆手にとってプレイするのが上手な選手です。いつしか、日本からも相手を逆手にとりながらプレイできるような選手が出てくればもっと強く面白くなるのかなと思います。

★FCカーニョ★の紹介ページへ

AUTHOR'S PROFILEコラム執筆者のプロフィール»記事一覧へ

Semimiddle rectangle 1448793143 %e3%83%ad%e3%82%b4%e9%95%b7%e6%96%b9%e5%bd%a2
  • マイボ運営事務局
  • それぞれの子供達に合った最適なクラブを提案すること、日本各地に点在する優秀な指導者を紹介すること、これらを目標にマイボ運営事務局はメディア運営していきます。

RECOMENDあなたにおすすめのコラム

  • Large square 1448785898 article special1

    プラスアルファの成長【サッカー専門家コラム:崎野聡コーチ】

    ジュニアユース(中学生)の試合を観戦した。小学生時代から知っている選手が成長しているかどうかを観たい!そ...

    »続きを読む
  • Large square 1448786196 news2

    レアルの下部組織に在籍する天才・中井卓大くんのまとめ

    ※写真はレアル公式HPのキャプチャー 中井卓大くんが最初に日本で注目を浴びたのは、2013年1...

    »続きを読む
  • Large square 1448786222 sub article news1

    海外で活躍する日本の星!久保建英くんがバルセロナから放出されたワケ

    ※写真はFC東京HPのキャプチャ 事の発端はバルセロナの不正行為です。バルセロナは、スペイン外の未...

    »続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加